1. TOP
  2. 車検
  3. イエローハット車検の費用やメリット・デメリットをわかりやすく紹介!

イエローハット車検の費用やメリット・デメリットをわかりやすく紹介!

イエローハットで行っている車検とは

イエローハット車検とは大手のカー用品店であるイエローハットが実施している車検です。

カー用品店の行っている車検の中でもトップクラスのシェアがあるのが特徴であり、全国的に店舗があるので誰でも受けやすいという影響もあって多くの人が利用するようになっています。

オイル交換などの必要なメンテナンスを同時に実施してもらうこともできるのも特色です。

 

イエローハットで車検を受けるメリット

イエローハットで車検を受けるメリットは料金の割に点検項目数が多いため、高い精度で車の状態が良好かどうかを判断してもらえることです。

法定点検と日常点検の項目よりもさらに30項目程度多い独自の項目を盛り込んでいて、安全に運転できる状態を維持するために注力してもらえます。

ハイブリッド車の場合には性質に特化した車検メニューを用意してあり、ハイブリッド車の快適さとメリットを維持するための整備を受けたい人にとって魅力的です。

代車も無料で出してもらえるので整備項目が多くて日数が必要になる場合であっても特に問題ありません。最終的には洗車をして返してもらえるのできれいな姿になって返ってきます。

一方、環境ECO車検と呼ばれるパッケージ車検に申し込むとさらに充実した内容の整備をしてもらえます。車両コンピューター診断によって故障するリスクがある箇所を調べて未然に整備をしておいてもらうことが可能です。

また、エンジンオイル交換、オイルエレメント交換、エンジン内部洗浄、エアフィルター交換を行ってくれます。

これによってえ燃費が改善することが多く、長期的に車に乗る人ほど大きなメリットが得られるでしょう。また、環境ECO車検を行った場合にはロング整備保証が付きます。

これを選択しなかった場合でも交換した部品については六ヶ月または一万キロまでの整備保証が付きますが、環境ECO車検を利用すると整備した個所全てについて二十四ヶ月間または四万キロまでの保証が付くのが特徴です。

また、車検後に六ヶ月点検を無料で実施してくれるサービスも付帯しているので安心して車に乗りたい人にとって充実した内容の車検が受けられます。

必要に応じてさらにワンランク上の保証を受けることもでき、イエローハットプライムワランティに申し込むと充実した保証が付くのが魅力です。走行距離無制限で故障箇所の無料修理まで行ってくれる充実した保証内容になっています。

また、イエローハットは全国チェーン店として経営されていて土日も平日も営業しているのが特徴です。年末年始は営業していない場合もありますが、基本的にはいつでも車検を行うことができます。土日しか車検を受けに行く時間がないという人でも安心して利用できるのがイエローハット車検です。

 

イエローハットの車検に潜むデメリット

イエローハット車検にはデメリットもあります。基本的には充実した内容の車検と整備を実施するスタンスになっているので、内容を充実させるほどディーラー車検とほとんど変わらないような費用がかかることになってしまうのがデメリットです。

しかし、カー用品店という影響もあって整備の技術力についてはディーラーに劣ることは否めません。

全国チェーン店という影響でどの店舗でも同じサービスを受けられるとは限らず、同じ店舗であってもスタッフの入れ替えがあるとサービスのレベルも変わってしまうリスクがあります。

また、イエローハットの車検は当日受け付けは原則として行っていません。急ぎで実施したいときにも予約をしておかなければならないため、即日で車検を受けなければならない状況では利用できないのです。

もう一つ知っておきたいのがイエローハットプライムワランティの制限であり、外車・輸入車の場合には保証される金額に上限が定められています。外車・輸入車を利用している人にとってはデメリットとなる点です。

 

イエローハットでの車検にかかる費用について

イエローハットはディーラーで車検を受けるのに比べると料金が低めに設定されているので安上がりになることがほとんどです。

しかし、個々の費用については見積もりをしてもらう必要があります。見積もりについては気軽に行えるシステムを持っていて、WEB上から見積もりを取ることが可能です。

また、電話によって見積もりを依頼することもできるのでWEBを使うのが苦手な人も心配はありません。大まかな費用についてはオフィシャルサイトにも記載されていて、軽自動車や小型車、中型車やミニバンなどに分類されているので大体どの程度の予算が必要かは簡単に判断できます。

外車・輸入車などであっても対応してくれますが、見積もりを取って確認しないと費用がどの程度になるかは正確にはわかりません。

費用の支払いについてはクレジットカードにも対応していますが、法定費用については現金払いをするのが原則です。車検手数料に相当する整備費用や部品の代金などは全てクレジットカードで支払いができます。

必要に応じてクレジットローンなどを使った支払いもできるので、すぐに現金を用意できない場合でも車検を受けることが可能です。

 

 

 

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

飲食店大好きの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

飲食店大好きの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 通販型(ダイレクト型)自動車保険とは?詳細と向き不向きを徹底解説

  • ユーザー車検についてわかりやすくご紹介!

  • 出光リテール車検の費用やメリット・デメリットをわかりやすく紹介!

  • 軽自動車の車検をするときに知っておきたい安く済ませる方法

  • エッソ・モービル・ゼネラルのドライバーズリンク車検の費用やメリット・デメリットをわかりやすく紹介!

  • ディーラー車検について知ろう!