1. TOP
  2. 車検
  3. 自動車車検ってなに?受けるには何が必要?

自動車車検ってなに?受けるには何が必要?

自動車車検とは

自動車車検とはなにかというと、正式には「自動車検査」と呼ばれる国が定めている検査のことを言います。

車検を受けることで、期間中は公道を走ることができるようになります。

車検の有効年数は新車を買った場合には3年間、その後の車検は基本的には2年ごとに行われることになりますので、忘れずに受けましょう。

有効期限は車検証に記載されているので、その日が満了する前に受けることになります。

車検には検査項目があって自動車が安全かどうか、排気ガス規制をクリアしているかというようなことがチェックされることになり、「道路運送車両の保安基準」を満たしているかどうか検査されるのです。

あくまでも検査時点で保安基準を満たしているかどうかの検査になりますので、次の車検までの車の安全性を保障しているわけではない、ということは覚えておきましょう。

 

車検はどこで受ければいいの?

車検はどこで受けられるのかというと、いくつかの場所があります。

各自動車メーカーの正規ディーラー、民間の整備工場、車検のみを専門に行っている車検専門店、自分自身で車検を行うユーザー車検というような選択肢がありますので、好みの場所で受けましょう。

どの車検でも予約をして行う必要がありますので、しっかりと事前に予約をしてください。

 

ディーラー車検の特徴は?

ディーラー車検の大きな特徴のひとつに信頼性が高く質の高い車検を受けられるということがあげられます。

ハイブリットカーなどはコンピューター制御で民間の整備工場では検査できない可能性もありますが、ディーラー車検なら可能になります。

また、メーカーが正規ディーラーにしか提供しない整備のマニュアルや、その車種の解説マニュアルなども持っているため、よりその車種に合った細かい検査をすることができるのです。

ただし、質が高い分その費用もほかの車検よりは割高になっています。車の状態に心配がある、より質の高い検査を受けて安心したいという場合には、ディーラー車検を受けるといいでしょう。

ディーラー車検の相場は車種による違いもありますが、大体7万円~12万円程度となっています。

 

民間の整備工場の特徴は?

民間整備工場とは街中にある自動車整備工場のことを言います。民間整備工場にも二つあり、指定工場と認定工場に分けられています。

指定工場は、自社に検査ラインが整っているため点検から整備、車検まですべてを行うことができるのが特徴です。

認定工場の場合には自社でできるのは点検整備のみなので車を別の車検場に持ち込んで車検を通すことになります。

ディーラー車検よりも安めの費用で済むのが特徴で、ベテランのメカニックがいる工場などはその検査の質が高いということも言えるでしょう。

整備工場ごとに良し悪しがあり、見極めがしづらいということはありますが、いい整備工場を知っているという場合には、民間整備工場での車検もいいのではないでしょうか。

民間整備工場での車検の相場は6万円~10万円程度になっています。

 

ユーザ―車検ってなに?

ユーザー車検とはその名の通り、ユーザー自身が車検を行うことを言います。一般の方がユーザー車検を行う場合には、整備は業者に依頼することになりますが、それ以外の手続きは自分自身で行うことになり、自ら陸運支局に車を持ち込んで車検を受けます。

自分で検査をすることになりますが、係員の指示通りに行えばいいので難しいことはありません。

費用も最も安く済みますので、自分での検査を手間だと思わない方や、少しでも安く済ませたいという場合にはユーザー車検を行ってみるといいでしょう。

ユーザー車検にかかる費用の相場は、軽自動や一般車であれば3万円~5万円程度になります。

 

車検を受けるために必要な書類は?

まず、ディーラーや整備工場などに依頼する場合の書類を見ていきましょう。

車検証、自動車損害賠償責任保険証明書、自動車税納税証明書(継続検査用)、これらの書類が必要になります。自動車税納税証明書は、自動車税を滞納していない、自動車税の納付から3週間以上経っているという場合に省略できます。

認印も必要になりますので、忘れないように持っていきましょう。
ユーザー車検の場合には、上記の書類のほかにも必要なものがあります。

自動車検査票、自動車重量税納付書、継続検査申請書、定期点検整備記録簿が必要になります。定期点検整備記録簿は法定点検が終わっている場合にのみに必要で、車検後に法定点検を行う場合には不要です。

認印も必要ですので、検査当日は忘れないようにしてください。

もし引っ越しなどをしたけれども車検証の住所変更をしていないという場合には、車検と同時に住所変更することが可能ですから、手続きするといいでしょう。

 

車検に必ずかかる費用は?

車検は色々な場所で受けることができて、どの車検を選ぶかによって費用は大きく変わってきますが、どこで受けても必ずかかる法定費用というものがあります。

法定費用には自賠責保険料や印紙代、重量税といった税金で構成されているものです。

車の種類によってかかる費用は違いますが、どこで受けたとしても車種が同じなら同額かかることになるのが法定費用になりますから、ここだけは節約できないのを覚えておいてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

飲食店大好きの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

飲食店大好きの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • ディーラー車検について知ろう!

  • 軽自動車の車検をするときに知っておきたい安く済ませる方法

  • 車検の時期が来たときは車検を通すべきか買い替えるべきか

  • 出光リテール車検の費用やメリット・デメリットをわかりやすく紹介!

  • エッソ・モービル・ゼネラルのドライバーズリンク車検の費用やメリット・デメリットをわかりやすく紹介!

  • ガソリンスタンド車検を受けるときの費用やメリット・デメリットをわかりやすく紹介!