1. TOP
  2. 車検
  3. 民間整備工場で車検をうけるには?

民間整備工場で車検をうけるには?

車検  

民間車検ってなんだろう

民間車検とは個人や小規模人数で経営している自動車工場で車検を受けることをいいます。いわゆる地域にある町の「○○整備工場」のようなところを指します。

ディーラー車検との違いは、色々なメーカーの車を取扱いができるところです。

民間車検の工場には、指定工場と認定工場があり、指定工場は点検、整備、車検を全て行うことが出来ます。

また、認定工場は点検と整備は出来ますが、車検はその地域の陸運局に車を持っていき受けることになります。両者の違いは車を車検場に持ち込むか、持ち込まずに車検を済ますかということです。

指定工場かどうか確認するには、直接聞くか、工場にある整備事業者の看板で判断することができます。

どちらの工場も腕の良い整備士がいますので、どちらが良いということは一概には言えません。自分の希望にそった民間車検工場を選んでいくことが大切になってきます。

 

どこに行けば民間車検を受けられる?

民間車検は町にある工場なので、家族や知人の口コミで工場を決める人も多いようです。その会社の社長が知り合いだったり、腕の良い整備士を知っていたりと人間関係を重視して、確かな情報を得られ安心して車検を任せることが出来ます。

過去に車検を受けたことがあり、良い整備工場だと分かれば、次もまた同じところにお願いする、という流れで車検を受けるひとも多いです。

また、インターネットでも情報が沢山出ていますので、検索をして自分の住んでいる地域の近隣の工場を見つけることもできます。

営業時間の確認やローン会社と契約があるか、どのようなスタッフがいるのかを知ることができます。また見積りをネットで依頼できるところもあるので、前もって車検の金額の相場を知っておきたい人には安心して情報を得ることができます。

民間車検でのメリットとは

ディーラーで車検を受けると、そのメーカーの専門の整備士がいるので信頼して車検を受けることができます。

しかし、まだ使えるような部品でも早めの正規品での交換を推奨されたり、最新式のコンピューターシステムで車の診断を行ったり、人件費が高いということで必然的に車検の金額が民間車検に比べて高くなる傾向があります。

他にも民間車検でのメリットは沢山あります。幅広い車種に対応できるので、メーカーにかかわらず車検をお願いすることができます。

また、ディーラーに比べて日数も少なく料金体系もはっきりしているので明朗会計で利用する側としてはわかりやすいです。代車の数も豊富なことが多く、日頃車を使う頻度が高くて代車が必要な人にとっては好都合だと言えます。

改造車に関しては、違法改造車を整備することで工場としても違法になるので、車検を受けることができませんので注意することが必要です。

整備工場に改造車の車検を申し込む時は、違法箇所を自分できちんと適正な車両にしてから工場に車を持っていきます。

 

 

民間車検でのデメリットとは

民間車検でのメリットが多い一方で、なかなか気づくことのできないデメリットもあります。それは、工場の外見では判断できない整備技術や設備に差があるということです。

知り合いなどの口コミ情報が無い場合は、なかなか判断するのが難しいところでもあります。その後の車の安全にも関わるところなので、一見で工場を決めることはせずに情報を集めることが大事になってきます。

また、個人で工場を経営しているところは土日が休みというところもあります。平日に時間が取ることが難しい人には不便に感じることも多くなります。

さまざまな車種に対応できるところがメリットですが、最新技術の知識が無く、特定の講習を受けていないと整備できない点検部分に対応していないところもあるので、これも可能かどうか確認することが必要になってきます。

また、自分が持っているクレジットカードが使えないところもありますので、料金を支払う際に困ることが無いようにチェックしておくことも必要です。

 

民間車検の平均的な相場ってどれくらい?

民間車検の金額の総額は、法定費用とメンテナンスの代金を合計したものです。だいたいその費用の内訳は10~18万円程度といわれています。

平均の内訳に差があるのは、車の修理する部分や交換費用によって変わってくるからです。新しい車であれば、それほど修理交換が必要とはされないでしょうが、年式の古い車や、走行距離が多い車などは必然的に修理箇所が多くなってきます。

一般的に普通車よりも軽自動車の方が、費用が安いと言われています。

それは、普通車よりも税金が安いということです。税金は車の排気量によって決まっているからです。また、軽自動車は消耗品代や部品代も安いので、交換の際にも普通車に比べて料金をおさえることができます。

民間車検を安くする方法ってあるの?

民間車検はディーラー車検に比べて安いとはいえども、その都度結構な料金かかります。車検を安くする方法はいくつかあります。

まず、日頃から自分でマメにメンテナンスを行うことです。車検で交換する必要のある箇所が減り金額を抑えることも出来ます。

また、いくつかの車検工場に見積もりをとって、一番安いところを選ぶことが出来ます。ネットでは比較サイトもあるので、それを利用すれば一目で安い工場を見つけ出すことができます。

また、工場によってはキャンペーンを行っているところもありますので、その情報を見逃さないように常にアンテナを張っておくことが重要になってきます。

 

 

 

 

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

飲食店大好きの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

飲食店大好きの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!