1. TOP
  2. 車検
  3. ガソリンスタンド車検を受けるときの費用やメリット・デメリットをわかりやすく紹介!

ガソリンスタンド車検を受けるときの費用やメリット・デメリットをわかりやすく紹介!

ガソリンスタンド車検とは何か

車検を通すのは所有している車を行動で走らせるために必須ですが、車検を受ける方法はいくつもあります。

ガソリンスタンド車検とはガソリンスタンドで申し込んで行う車検であり、ガソリンスタンドに車を預けておくと車検を通してくれるサービスです。

ガソリンスタンドによって車検に付随するサービスには違いがありますが、必要最小限の整備を行って車検を通れるようにし、検査を一通り行って車検証なども手に入れた上で引き渡してくれます。

ガソリンスタンド内で整備を行う場合もありますが、ガソリンスタンドによっては整備を十分に行えないので外注している場合も少なくありません。内容についてはケースバイケースなのでよく確認した上で申し込む必要があります。

 

 

ガソリンスタンド車検を利用するメリット

ガソリンスタンド車検のメリットとしてよく挙げられるのが料金が安いことです。

新車を購入した人はディーラー車検を利用することが多いですが、ディーラー車検は車検を受ける方法の中でも最も高額なものになっています。他の方法に比べても相場が低めになっているので車検費用を抑えたい人にとって魅力が大きい方法です。

また、ガソリンスタンドは土日も営業していて、24時間営業になっていることもよくあります。方法によっては業者が土日は休みだったり、早朝や夕方以降は受け付けてもらえなかったりしますが、ガソリンスタンドは営業時間内なら受け付けてもらえるのが一般的です。

それに加えて、ガソリンスタンドは至る所にあるため、アクセスしやすい場所に申し込むガソリンスタンドを発見しやすいのもメリットになります。

普段から利用しているガソリンスタンドの場合には顔馴染みになっていて頼みやすいこともあるでしょう。

また、ガソリンスタンドによってオリジナルのサービスを提供していることがあります。車検を受けてくれた人にはオイル交換を無料で受けられるようにしていたり、洗車サービスを提供していたりするのが典型例です。

中には24ヶ月点検も無料で代行してくれるサービスをしているガソリンスタンドもあります。また、ガソリンスタンドの発行しているクレジットカードを使うと安上がりになるケースも多く、普段から使っているガソリンスタンドがある人には料金面でのメリットが大きいでしょう。

ガソリンスタンド車検では一般的な国際の普通車だけでなく、大型車や特殊車両、外車・輸入車、軽自動車といったどのようなものでも受け付けてくれるのが基本であり、誰もが気軽に利用しやすくなっています。

 

 

確認しておきたいガソリンスタンド車検のデメリット

ガソリンスタンド車検はメリットばかりではないのでデメリットも確認するのが大切です。ガソリンスタンドは車の点検や整備に関してプロであるとは限らないため、車検を通すための必要最低限の整備しか行えないことが多くなっています。

また、社内で処理できないような整備が必要になる場合には外注をするため、故障箇所があるような場合には料金がかえって高くなってしまうこともあるのがデメリットです。

車検はどの業者でも基本的には予約制になっていますが、ガソリンスタンドでも状況はほとんど変わりません。当日受付で即日で行ってくれることは稀であり、予め日時を決めておいて即日または翌日返却という形で行われるのが一般的です。

ガソリンスタンド車検では車の持ち込み及び持ち帰りが原則になっていて、自宅まで車を取りに来たり、自宅に返却してくれたりするサービスが利用できない場合も多くなっています。

代車も提供してもらえないのが基本なので、車検をしてもらっている間は車がない生活を送ることになるのも留意が必要です。

 

ガソリンスタンド車検の費用とは

ガソリンスタンド車検は料金が安いのがメリットですが、その費用については業者間で差異があります。車検費用は法定費用と車検手数料に分類することができますが、法定費用については他の車検を利用したときと違いはありません。

車検手数料を最小限にすることで安くしているのがガソリンスタンド車検の特徴です。技術料に加えて車検を通すために必要だった整備費用がかかるため、個々の車の状態によって車検費用が異なります。少しでも安い費用で車検をしたいというときには見積もりを取ることが重要です。

まずは車を持ち込んで状態を確認してもらい、どのような修理が必要だからこれだけの費用がかかるといった形で見積もりをしてもらいましょう。

複数のガソリンスタンドで見積もりをして比較してみると、実は必要のない整備が含まれていて高くなっているのがわかったり、業者間で同じ整備であってもかかる費用が違うことが理解できたりします。

その比較しつつ交渉を行うとガソリンスタンド車検の費用は大幅に削減できるでしょう。また、ガソリンスタンド車検ではローンを利用できることが多くなっています。

法定費用については実費で必要になり、車検手数料分についてローンを組めるのが基本です。ローンを組むとガソリンの割引やオイル交換無料などの特典をもらえることもあります。

 

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

飲食店大好きの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

飲食店大好きの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!