1. TOP
  2. 車検
  3. エネオスフロンティア車検の費用やメリット・デメリットをわかりやすく紹介!

エネオスフロンティア車検の費用やメリット・デメリットをわかりやすく紹介!

エネオスフロンティア車検のサービスとは

エネオスフロンティア車検とはJXエネルギー株式会社が経営しているガソリンスタンドであるエネオスで利用できる車検サービスです。

エネルギー全般に関する事業展開を行っているJXエネルギー株式会社によって店舗展開が行われたことにより全国でもシェアが大きいガソリンスタンドとしてよく知られるようになっています。

エネオスフロンティア車検はDD車検と呼ばれていて、自社整備工場を使って車検と整備を行うのを原則にしているのが特徴です。

車検を受ける際には事前にウェブ上で店舗検索を行って予約申し込みを行う必要があります。その後、電話連絡を受けて詳しい相談を行い、事前点検日についてはその際に相談することが可能です。

事前点検の際に見積もりを出してもらい、車検日について確定するというのが基本的な流れになっています。当日は車をガソリンスタンドまで持ち込むことになるのがエネオスフロンティア車検の基本です。

 

エネオスフロンティア車検を受けるメリットと料金の特徴とは

エネオスフロンティア車検を受けるメリットは高いレベルの腕を持っている整備士に事前点検も車検も整備も行ってもらえることです。

全国各地にある指定工場で国家整備士が点検及び整備を行ってくれるので高い信頼性があります。その割にディーラーで車検をしてもらうよりも費用が安くなることが多いのも魅力です。

整備やメンテナンスの内容について事前点検の段階でよく相談することができるのも特徴であり、車検を通せる範囲内で内容を厳選して車検費用を安くすることもできます。

予算が決まっているときにはその枠内で最も良いと考えられる整備内容を決めてもらうことも可能です。

コースが定められているので予算とサービス内容のバランスを考えて選ぶとメリットの大きい車検を実施できるでしょう。

一方、エネオスフロンティアではお得なサービスも店舗ごとに実施しています。どの店舗を利用するかやキャンペーンの実施内容が時期によって異なるので注意が必要ですが、WAX洗車の無料サービスや六ヶ月ごとの点検の無料実施などの様々な特典を受けることが可能です。

エネオスのガソリンスタンドのほとんどは土日も営業していて、車検の受付も実施も土日を指定することができます。土日祝日しか時間がないという人でもエネオスフロンティア車検であれば車検を通すことが簡単です。

エネオスフロンティア車検では見積もりによって費用の提案を行うのを基本にしているため、他社のように料金表を提供しているわけではありません。

どの程度の費用がかかるかは見積もりを依頼して詳細に打ち合わせをすることが必要です。料金体系に関わる点として留意しておくと良いのがコースが四つに分かれていて自由に選べるシステムになっていることでしょう。

最も安いのがエコノミーコースであり、32項目点検しか基本的には行わないのが特徴です。その上に相当するのがセーフティーコースであり、法廷二年点検と整備保証が付きます。

さらに充実した内容にする場合にはパーフェクトコースがあり、ブレーキオイル交換とラジエーター液交換が含まれるようになります。

ほぼ完璧な形で実施して欲しいというときには最も高額になるプレミアムコースを選ぶことも可能です。32項目点検、法廷二年点検、整備保証だけでなく、ブレーキオイルとエンジンオイル交換、ラジエーター交換があります。

さらに車検後の六ヶ月点検も無料で実施してもらえる仕組みになっているのが魅力です。見積もりを取るときには候補になるコースについて一通りいくらになるかを算定してもらうのが大切でしょう。

車検費用の支払いについては現金だけでなくクレジットカードもローンも利用できます。店舗によって扱いが違う場合があるので予め確認しておくことが重要です。

ただし、どの場合でも法定費用については現金払いになるので注意しなければなりません。

 

 

エネオスフロンティア車検を選ぶデメリットとは

エネオスフロンティアを選ぶデメリットは車検の整備内容についてはディーラーに劣ってしまうことです。

エネオスフロンティアでいかに国家整備士が整備を行ったとしても、その車を製造しているディーラーに比べたら知識面で劣ってしまうことは否定できません。

整備内容についてもディーラーに比べると充実していないことが多く、次の車検まで安心して運転できるレベルになっているとは限らないのがデメリットです。

また、店舗間や時期での整備に関する品質のばらつきがあるのもデメリットになります。指定工場で国家整備士が整備するのが原則となっているだけであって、繁忙期などにはこの限りではありません。

当日のうちに車検を終えるという原則になっている以上、人材や設備が不足してしまうと同じようにして整備ができなくなってしまうことがあるのには留意しておく必要があるでしょう。

もう一つ留意しておきたいのが受け付けてくれる車種です。軽自動車や普通車、大型車などは問題ありませんが、外車・輸入車の受付については個々に相談して確認しておかなければなりません。

 

 

 

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

飲食店大好きの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

飲食店大好きの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 自動車車検ってなに?受けるには何が必要?

  • 軽自動車の車検!必要書類はなに?費用はどれぐらいかかるの?

  • ガソリンスタンド車検を受けるときの費用やメリット・デメリットをわかりやすく紹介!

  • 通販型(ダイレクト型)自動車保険とは?詳細と向き不向きを徹底解説

  • ベストな方法が見つかる車検の一括見積り

  • イエローハット車検の費用やメリット・デメリットをわかりやすく紹介!