1. TOP
  2. 車検
  3. エッソ・モービル・ゼネラルのドライバーズリンク車検の費用やメリット・デメリットをわかりやすく紹介!

エッソ・モービル・ゼネラルのドライバーズリンク車検の費用やメリット・デメリットをわかりやすく紹介!

ドライバーズリンク車検とはどのようなサービスか

エッソ・モービル・ゼネラルによって提供されているドライバーズリンク車検は、ドライバーズリンクと呼ばれるカーケアサービスの中に含まれている車検サービスです。

ドライバーズリンクとはカーライフを支援するためのサービスであり、ガソリンスタンドの経営が中心事業と理解されてはいるものの、エネルギー事業や車全般に関するプロとして台頭しているエッソ・モービル・ゼネラルのノウハウと技術を生かしたトータルサポートを実施しています。

車検だけでなくリペア、カーコーティング、グラスショット、オイル交換なども予約実施できるようになっていて、車種やメーカーを問わずにサービスを受けることが可能です。

ドライバーズリンク車検では対応しているサービスステーションで申し込みを行うことで予約ができます。

店頭での対応だけでなく、電話やWebからの予約が可能であり、事前点検を受けた上で整備内容を定め、車検日を決めて実施するという形になっています。

整備工場での点検及び整備の後、精算と引き渡しが行われるというのが流れです。車検にかかる日数についても次善点検のときに見積もってもらうことができるようになっています。

 

 

ドライバーズリンク車検を受けて得られる代表的なメリット

ドライバーズリンク車検を選ぶメリットとして挙げられるのが気軽に安く車検を受けられることです。

予約と見積もりさえ終えてあれば普段からガソリンを入れているステーションに当日に車を持ち込むだけで車検を受けられるからです。

料金についてもディーラー車検を受けるのに比べると安上がりになるのが一般的であり、費用を抑えて簡便に車検を通したい人にとって魅力があります。

車検にかかる日数についてはケースバイケースですが、多くのステーションでは代車を用意していて利用することが可能です。

また、車検や事前点検を行う日についても平日だけでなく土日祝日にも対応してもらえるのがメリットとなります。

必要に応じて予防整備を依頼することも可能であり、見積もりを依頼したときに提案してもらえるのが一般的です。

その際に行って欲しいと依頼した予防整備だけを行ってもらえるため、想定していなかった整備をされて費用が莫大になってしまう心配もありません。

整備保証についても六ヶ月間、一万キロまで保証するという業界での標準的なものを踏襲していて安心できるサービスと言えるでしょう。

また、ステーションによっては独自に割引をしていることもあります。最大で一万円割引を行っていたり、ガソリンをプレゼントしてくれたりするなどの特典があるので確認して利用するのが大切です。

特典内容については時期によっても変わるので、適宜確認して申し込み時期を厳選するとドライバーズリンク車検を利用するメリットが大きくなります。

また、ドライバーズリンク車検の魅力はわかりやすくて安い費用で実施できることです。料金設定として業界でも数少ない一律の車検基本料を設定しています。

軽自動車でも大型乗用車でも関係なく、定額の22000円を車検基本料として定めているのが特色です。法定費用については車両によって定められて金額を払わなければならず、整備費用については別途必要になるものの、車検基本料まで明確で一律料金にしていることはあまりありません。

外車・輸入車や4ナンバー車については料金が10000円上乗せになりますが、それでも業界の中で比較的安い車検基本料になっています。

詳細な費用については見積もりを依頼して事前点検をしてもらうことにより確定されるので、予め早めに連絡をして確認するのが大切です。

支払方法については現金を原則としていますが、デビットカードやクレジットカード、各種ローンでも支払いができます。

車検費用をまかなえないときにも車検を通して当面は車に乗れる状況を維持できるので便利でしょう。クレジットカードであればポイントも付与されるので実質的に安上がりになるメリットもあります。

ただし、自動車重量税などの法定費用については現金で支払わなければならないので注意が必要です。

 

ドライバーズリンク車検にもあるデメリットとは

ドライバーズリンク車検のデメリットとして押さえておきたいのが帯に短し襷に長しということです。

充実したメンテナンスを行ってもらって次の車検の時期が来るまでは安心して運転できるようにしたいという人にとってはサービスが不十分になっています。

ディーラーに比べると車について詳しくないので整備の水準が劣ってしまいがちであり、整備保証についても二年間に渡っているわけではありません。

一方、最低限の費用で車検を通したいという人の場合には車検専門店で格安で行っているところに比べると費用が高くなりがちです。

整備保証などを行っている影響で車検基本料や整備料にもやや上乗せがあるためであり、ドライバーズリンク車検よりも安く依頼できる車検が見つかる可能性は十分にあります。

同程度の水準であれば比較的安くてわかりやすい料金システムになっていますが、最低価格で車検を通すのを目指している人にとっては満足できないものになる可能性があるのです。

 

 

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

飲食店大好きの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

飲食店大好きの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • コバック車検の費用やメリット・デメリットをわかりやすく紹介!

  • 自動車車検ってなに?受けるには何が必要?

  • 車検の時期が来たときは車検を通すべきか買い替えるべきか

  • 昭和シェル車検の費用やメリット・デメリットをわかりやすく紹介!

  • 軽自動車の車検!必要書類はなに?費用はどれぐらいかかるの?

  • 通販型(ダイレクト型)自動車保険とは?詳細と向き不向きを徹底解説