1. TOP
  2. お金・節約・資産運用
  3. 通販型(ダイレクト型)自動車保険とは?詳細と向き不向きを徹底解説

通販型(ダイレクト型)自動車保険とは?詳細と向き不向きを徹底解説

通販型(ダイレクト型)自動車保険とはどんなもの?

通販型(ダイレクト型)自動車保険とは、インターネットや電話を利用して、保険会社に自分で直接、保険の契約をするスタイルの自動車保険です。
自動車保険というと、従来は車を購入したお店や知人に保険代理店を紹介してもらい、代理店の営業マンと直接会って保険の内容について説明を受け、あなたのニーズに合った保険を提案してもらうという「代理店型自動車保険」が一般的でした。
というのも、自動車保険はとても分かりにくく、慣れていないと補償の内容を自分ひとりで決めるのは難しいからです。補償項目がたくさんあるうえに補償金額の幅も広く、何にどれくらいの補償をつけるかで、保険料が大きく変わります。

保険料を押さえたいなら補償の内容を減らせばいいだけですが、あまりに補償金額が少なかったり補償の内容が手薄だと、万が一事故を起こしてしまったときに、とんでもない金額が必要にも拘わらず、保険の適用外だったという結果にもなりかねません。
ですから、はじめて自動車保険に加入するときは、経験豊富なプロの営業マンにアドバイスをしてもらった方が安心です。

しかし、通販型だからといってプロのアドバイスを受けられないわけではありません。無店舗型だから直接会って説明を受けることはできませんが、電話やメールでの相談や見積もりには気軽に応じてくれます。また、公式サイトにはQ&Aが設置されているので、そこを見ればあなたと同じ疑問や不安を感じていた人への答えがたくさん掲載されています。電話するまでもなく、答えが出る場合もあるでしょう。
通販型は、いつも時間に追われている忙しい現代人のニーズにマッチした自動車保険でもあるんです。

事故対応満足度が最も高いのは通販型

通販型の自動車保険は、事故対応をちゃんとやってくれるかどうか不安という声をよく聞きますが、事故対応満足度調査では、第一位は通販型で、トップ5に通販型が3社もランクインしています。この結果から、実は通販型のほうが事故対応力が高いということが分かります。
また、通販型の自動車保険には無料のロードサービスを行っている会社が多いので、保険とは別にロードサービスを契約する必要がありません。

そして、通販型の最大のメリットは、なんといっても保険料が安いことです。代理店型とまったく同じ補償内容でも、保険料が割安です。なぜなら、通販型は代理店型と違って店舗の運営費が必要なく、営業マンがいないため、人件費も安く抑えることができるからです。

さらに保険料を抑える工夫として、「インターネット割引」があります。今現在、あなたが代理店型の自動車保険に加入していて、少しでも保険料が安くなる通販型への乗り換えを検討しているとしたら、補償の内容は現在と同じ内容で構いませんよね?この場合、パソコンでガイダンスにしたがって自分で申込みの入力を行うと、保険料が大きく割引されます。なぜなら、あなたが自分で個人情報や契約内容を入力してくれると、保険会社は手間がはぶけるからです。インターネト割引は、保険の更新を行う際にも適用されます。
このように、通販型の自動車保険はコストを削減して保険料を安くおさえるために様々な工夫を取り入れています。通販型の保険料が安いのはごく当たり前のことで、決して事故対応力が低いせいではありません。
手厚い補償を付けておくにこしたことはありませんが、あなたにとって必要ない補償に年間十数万円も払うのはもったいないですよね?けれど、代理店型自動車保険を利用すると、たくさんの事故事例をあげて不安をあおり、万が一に備えて補償の内容を充実させておくことを強くすすめられます。

怖い事故事例を強い説得力で訴えられると、不安になり、判断力が落ちて勧められた補償内容で保険に加入してしまいます。後になって冷静に補償内容を確認したら、この補償は自分には必要なかったんじゃないかな?という結果にもなりかねません。

でも、通販型ならそんな心配もありません。冷静な判断力で様々な事例を確認し、自分が必要と感じる補償と補償金額を自分で選ぶことで、さらに保険料を抑えることも可能です。

 

通販型(ダイレクト型)自動車保険にデメリットはある?

では、通販型には全くデメリットがないのかというと、そうではありません。自分で補償の内容を決めるのが苦手な人や、少しでも保険料を安くしたいと思うあまり、必要な補償まで外してしまうようなタイプの人には、通販型は不向きです。

また、通販型でもメールと郵便で更新のお知らせはありますが、電話をかけてくるなど執拗な連絡はありません。メールやDMはあまりマメに確認しないし、更新の時期も意識して覚えていないというタイプの人にも、通販型は不向きです。

このように、他人の「強制力」や手厚いサービスが必要な人は、すべてお任せでいい代理店型の自動車保険に加入する方が安心です。代理店型はたびたび電話もかかってくるので、担当の営業マンと親しくなり、なにか困ったときや分からないことがあるときに、聞きやすいというメリットもあります。

何をメリットと感じ、何をデメリットと感じるかは、人によって異なります。通販型の自動車保険はあなたにとってメリットとデメリットのどちらが大きいか、あなたの性格と照らし合わせて判断しましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

飲食店大好きの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

飲食店大好きの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!