1. TOP
  2. お金・節約・資産運用
  3. 入院や病気などでカードローン返済が出来ない場合の対処法

入院や病気などでカードローン返済が出来ない場合の対処法

カードローンの返済が出来ないケース

怪我による入院や病気などでカードローンの返済が出来ないケースもあります。なんらかの理由で返済が出来ない時はどうするのがいいのか、いざという時のために対処法を覚えておきましょう。

 

カードローンでは返済日が決まっていますが、入院や病気でどうしても返済日までに返済出来ない場合、何よりも大切なのはカードローン会社に連絡をすることです。

 

できれば返済日の何日か前までにはカードローン会社に電話をし、返済出来ない理由を伝えましょう。返済出来ないなんて言うと厳しく取り立てられそう、と不安に感じる人もいるかもしれません。

 

ですが、特に返済に遅れるのが初めての場合なら、カードローン会社もしっかり対応してくれます。入院や病気などはどうしようもないことですし、きちんと返済日までに相談をすればカードローン会社も一緒に解決策を考えてくれます。

 

数日返済期限を伸ばしてくれたり、一時的に返済額を減らすといった対策をしてくれるところもあるようです。入院が長期に渡る時などは、一時的に返済をストップするケースも見られます。

 

もちろんどう対応してくれるかはカードローン会社によって違いますが、いずれにしても返済出来ないとわかった時点ですぐに連絡しましょう。

 

カードローン会社に連絡はしておく

もっともやってはいけないのが連絡をせずに放置することです。カードローン会社としても連絡なしで返済を放置されると、その理由がわからず対応に困ります。

 

もしかしたら借金を踏み倒すために返済を放置しているのではないか、そんな悪質なケースも考慮しなければならず、督促状の送付や、裁判所への申し立てといった対応も検討することになります。

 

これではこちらの状況が悪くなるだけですので、連絡しないというのは絶対に避けるべきです。また、連絡するにしても返済日を過ぎてからでは相手に悪い印象を与えてしまいます。

 

 

 

 

なぜもっと早く連絡しなかったのか、相手はそう感じますので、とにかく早めの連絡がポイントなのです。どうしても返済出来ない場合、それを黙っていても意味がありません。

 

カードローン会社も正当な理由があるならそれに応じた対応をしてくれますので、返済出来なくなったらまずは連絡、これを徹底しましょう。きちんと連絡をすることで最善な解決策を見つけられます。

 

急な事態で返済が出来なくなるとこちらとしても不安になるものです。なかなか言い出しにくいことではありますが、正直に返済出来ない理由を伝え、今後どうすればいいのかを考えていきましょう。

【保存版】クレジットカード・キャッシング・金利・返済・審査等のまとめ一覧

\ SNSでシェアしよう! /

飲食店大好きの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

飲食店大好きの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • カードローンの繰り上げ返済はメリットばかり?そのコツとは

  • おまとめカードローンで借り換え・返済額引き下げも可能なの?

  • ガソリンスタンドの支払いで利用したいお得なクレジットカードおすすめ10選!

  • カードローンを素早く借りるための手続き方法の流れ

  • 損保ジャパンのジャパンダ・ネットマイカーローンの評判と口コミは?

  • 主婦のためのカードローンの利用方法・専業でも可能なの?