子供の保険は入っておくべき?知っておくべき保険の基礎知識

子供が生まれると保険の加入について悩むことがあります。そもそも生まれてしばらくの間は、熱がでたり、何らかの病気にかかりやすいものです。そして歩くようになると今度は怪我の心配も後を絶ちません。

 

すでに何度かの入院を経験したという方も多いことでしょう。さてそんな経験があると心配になってくるのが医療費のことです。保険に加入しておくべきか、それとも貯蓄でやっていけるものか、実際はどうなのでしょうか。

 

一言で子供の保険といったところで、実は様々な種類があります。たとえば入院や病気による手術などをしたときに適用されるのは医療保険ですし、怪我をしたときに適用されるのは傷害保険です。

 

他人に怪我をさせてしまったときには個人賠償責任保険が必要ですし、他人のものを破損してしまったときには損害保険が必要になるかもしれません。

 

これらすべてをカバーするとなると、当然掛け金も多くなってしまいます。しかし誰にでもこれを活用する機会が訪れるかといえば、決してそうとは言い切れません。つまり自分の子供が必要となりそうな優先順位の高いものを選択する必要があるのです。

 

 

しかしながらここで忘れてはいけないのが、各自治体にある乳幼児(子ども)医療費助成制度です。これは子供の医療日軽減を目的としており、その基準は地方自治体によって異なっています。たとえば東京・世田谷区の場合、中学校修了まで医療費および入院費(食事代を除く)が実質不要となります。

 

こうした制度の存在を考えると、義務教育の間はさほど医療費の心配がないというような地方自治体が多いのではないでしょうか。

 

一般的に保険に加入することによって何が助かるのかといえば、やはり予定外の出費を抑えることができるという点です。乳幼児(子ども)医療費助成制度によってこれらは軽減されますが、それでも個室がいるのであれば差額ベッド代も必要になってきたり、付き添う人の交通費、入院中の消耗品費なども必要になるというのも現実です。

 

もちろん他人に怪我をさせてしまったり、器物を損壊してしまったことにより、その損害を賠償する必要が生まれることもあります。

 

 

結局のところ、自分が納得できるお金の使い方を選択するというのが大切になってきます。
掛け金として月々一定額を払い続けるか、それともその分を貯蓄しておくか、どちらなら納得できるか考えてみましょう。

 

貯蓄しておいて使う必要がなかった場合、その分をほかのことに使用できるというメリットがあります。しかし万が一大病を患ったり、長期治療が必要になったり、他人の高額な財産を破損してしまったような場合には不足する可能性があると知ったうえで判断しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。