子供が生まれた時の保険の選び方

子供が生まれると今までの夫婦二人の時とは、生活がガラッと変わってしまいます。家族が増えることで、食費などの生活費、教育費、衣類などの費用や教育費と、今までの生活にプラスされるものが非常にたくさんあります。

 

世帯主の責任が大きくなり、万が一のことがあった場合には、経済的なリスクは計り知れません。そんな中で、子供の将来のことを考えると、保険選び方が重要になります。すでに保険に加入している場合は見直しも必要になるかしれません。
保険を選ぶ時には、その保障内容に大きく関わるポイントがあります。
まず、夫婦は共働きかどうか、また持家か賃貸なのか、という点です。

 

持家の場合は、ほとんどの方がローンを組んでいて、その際に団体信用生命保険に加入しているので、万が一の時にはローンの支払いは止まって住居は保障されます。もちろん、家族の生活費や教育費は必要です。しかし、賃貸の場合は、その後も家賃も必要です。
このことから考えても、選び方としては、子どもが生まれたら世帯主の死亡保険を最優先に考える必要があります。子どもの生活を守る保険が必要なのです。
具体的な考え方として、万が一、世帯主が死亡した場合、残された家族が生活をしていくためには、いくら必要なのかを大まかに出してみましょう。その額から、残された家族の収入や遺族年金を差し引けば、保険として必要な金額がわかります。
ただ、教育費は、国公立か私立かの子どもの進学状況により大きく異なります。教育費は公立・私立によりますが、一般に1000万円から2000万円くらいはかかると言われています。教育費だけでもこれだけ必要なのですから、世帯主の死亡保障は数千万円という単位で必要だと考えられます。
妻の保障は、世帯主の保障がしっかりしていれば、それほど死亡保険にかける必要はありません。ただ、妻の方が主に家計を担っているのであれば、その際は妻の方を重視することになります。
子ども自身の保障に関しては、もし子供が死亡したとしても生活に困るということはないので、子どもの死亡保障は必要ありません。子どもに関しては、友達にケガをさせてしまったり、他人の物を壊してしまったりした場合の個人賠償責任保険は加入した方が良いでしょう。
このように、子どもが生まれた場合は、将来の資金計画の見直しが必要です。しかしながら、多くの会社の中からどこを選べば良いのかは、個人で比較してもなかなかわかりにくいものです。

 

それぞれのセールスマンは自社が一番良いとアピールするものです。保険の専門家であるファイナンシャルプランナーの相談するのがおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。