1. TOP
  2. お金・節約・資産運用
  3. カードローンの限度額増額について・メリットとリスクは?

カードローンの限度額増額について・メリットとリスクは?

カードローンの限度額増額

カードローンには限度額があり、限度額までしか借入することができません。

 

この限度額は増額することも可能なのですが、増額することのメリットとリスクについて理解しておきましょう。

 

カードローンの申込をすると審査が行われ、審査に通ると契約になるわけですがこの時、申込者の収入やカードローンの利用状況などに応じて限度額が設定されます。

 

限度額は申込の際にこちらで希望額を設定することもできますが、最終的にはカードローン会社が判断するため、希望額に満たない場合もあります。いずれにしても限度額までなら自由に借入ができる仕組みです。

 

もし限度額が50万円なら、50万円までなら借入可能になります。たとえば初めてカードローンを利用する時、5万円あれば足りると限度額も5万円に設定して申込したとしましょう。

 

ですがその後、またお金が必要になったとすれば、すでに限度額いっぱいまで借りているため新規の借入ができません。そこで増額の申込をするわけです。

20110516追加 728*90

 

増額のメリットとリスク

増額の申込をすると再度審査が行われ、増額をしてもいいか、つまりさらにお金を貸してもいいのかをカードローン会社が判断します。

 

審査の結果増額が認められれば借入可能が増え、新たにお金を借りられるようになります。増額のメリットはまさにこの点です。

 

限度額を増やすことで借りられる金額を増やし、お金が必要になった時にすぐに対応できるようになります。急な出来事でどうしてもお金が必要になるケースは考えられますから、そんな時に備えて増額しておくのも1つの方法です。

 

増額が認められればその後すぐに借入もできますので、今日中にお金が必要なんて時にも助かります。

 

 


 

 

では増額にはどんなリスクがあるのか、これは借りすぎというリスクです。増額すればするほど借りられる金額が増えるので、ついつい借りすぎてしまうことがあります。

 

気付いたら返済が大変になっていて、毎月の返済に苦労する可能性も出てきますし、ちょっとしたことでもまだ限度額に余裕があるからと借りてしまうようになるかもしれません。

 

これはあまり良いカードローンの使い方とは言えず、返済不能になるリスクも抱えています。本当に増額が必要なのかは、返済のことも考えながら検討するようにしましょう。

 

限度額の増額は借りられる金額を増やすことができ、便利なことは間違いありません。ただし増額をすることで借りすぎてしまうこともあるので、メリットだけでなくリスクも踏まえたうえで増額するかを判断しましょう。

ユーザー人気キャッシングランキングTOP3!

  1. プロミス
    プロミス

    ・実質年率 4.5%~17.8% ・限度額 1〜500万円 ・審査時間 最短30分 ・30日間金利0円 ・保証人不要 ・来店 不要 ・パート・アルバイト OK ・コンビニでの返済OK ・運営会社 SMBCグループ ・SMBCコンシューマーファイナンス株式会社 ・基本的にすべてWEB上で完結できますが、疑問に思うことは電話で問い合わせ出来ます。女性オペレーター希望という方にも対応してくれます。

    女性オペレーターに聞いてみる 公式サイトで詳しく見る

  2. アコム

    ・実質年率 3.0%~18.0% ・限度額 800万円 30日間金利0円 ・審査時間 最短30分 ・運営会社 三菱UFJファイナンシャルグループ、アコム株式会社 ・保証人不要 ・来店 不要 ・パート・アルバイト OK ・コンビニでの返済OK やはり大手の三菱が運営元なので安心です。老若男女問わず多くの方が利用しています。

    公式サイトで詳しく見る

  3. SMBCモビット
    300x250 オリコンバナー

    ・実質年率 3.0%~18.0% ・限度額 800万円 ・審査時間 10秒簡易審査 ・保証人不要 ・来店 不要 ・パート・アルバイト OK ・コンビニでの返済OK ・運営会社 三井住友銀行グループ ・SMBCモビット ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。 簡易審査が驚異の10秒でわかりますので、急いでる方はすぐに受けられます。

    公式サイトで詳しく見る

【保存版】クレジットカード・キャッシング・金利・返済・審査等のまとめ一覧

\ SNSでシェアしよう! /

飲食店大好きの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

飲食店大好きの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 自宅への郵送物とカードローンについて・郵送物なしも可能?

  • カードローンによる借金の踏み倒しは無理なの?リスクについて

  • 子供の保険は入っておくべき?知っておくべき保険の基礎知識

  • 通販型(ダイレクト型)自動車保険とは?詳細と向き不向きを徹底解説

  • カードローンを利用するなら総量規制について覚えておこう

  • カードローンの返済について・主な返済方法と計画の立て方