1. TOP
  2. 車査定
  3. ズバット車買取比較の特徴・メリット・デメリット!査定時の注意点も知ろう!

ズバット車買取比較の特徴・メリット・デメリット!査定時の注意点も知ろう!

ズバット車買取比較とは?

ズバット車買取比較は株式会社ウェブクルーが運営している車買取比較サイトです。

加盟店が多くて全国の査定会社と提携しています。その提携会社も大手企業から中小企業まで幅広くて自分の愛車を査定したい人は満足度の高い査定結果を得ることができます。

もちろん、買取価格の相場というのは地域ごとによって異なりますので、どこに依頼するかで結果が変わるのは当然です。

ズバット車買取比較においては自動車にまつわるコラムやニュースなども多く掲載されていますし、初心者向けの乗り換えマニュアルなども載っていますので、車査定で役立つ情報を簡単に得ることができます。

初めて車査定を考えている人は一度ズバット車買取比較の公式サイトを閲覧してみることをおすすめします。

 

ズバット車買取比較のメリットとデメリットは?

ズバット車買取比較のメリットはいろいろとありますが、その1つは査定のときに必要な情報入力が極めて少ないということです。

ズバット車買取比較では、車に関する情報としては車種、年式、走行距離だけでかまいません。個人情報としては、氏名、住所、メールアドレス、電話番号だけです。

入力情報を最小限に抑えていますので、入力するのに1分程度しかかかりません。もう1つは下取りよりも平均16万円程度高く売ることができるということです。

この金額はウェブクルーによる「車の乗り替え・売却に関する実態調査」の結果によっています。

下取りに出すくらいならズバット車買取比較で査定してもらった方が高く売ることができるということです。さらに、見積査定をする提携会社の数が多いということもメリットの1つです。

査定を行う業者が全国150社以上で、その中から見積依頼者の地域に応じて最大10社が無料で一括査定してくれます。

査定金額は業者によって差が大きく異なることもありますので、最大10社が査定額を出してくれるのは大きなポイントです。

しかも、150社以上と明確に数字を出しているのも評価できるとことです。中古車を売りたいと思っているならできるだけ多くの買取業者に査定をしてほしいものですが、一括査定をしてくれるのは嬉しいポイントでしょう。

4つ目のメリットは効率的に高額買取査定を出してくれる業者を見つけることができることです。1回の見積で1番高く買ってくれるところを選ぶことになりますので、効率的に業者を探すことができます。

ズバット車買取比較のメリットは上記のようなものですが、デメリットと思われるものはほとんどありません。

強いて言えば、査定依頼をしてから営業からの電話がかかってくることです。ズバット車買取比較では無料で一括査定ができるのですが、買取業者が依頼者の代わりに査定業者にお金を出しています。

そのため、買取業者からすればできるだけ多くの車を買い取ってほしいというのが本音です。

そのため、無料査定を依頼した後は電話がよくかかってくることがありますが、その対策としては、連絡手段を、メールに指定しておけば電話がかかってくることはありません。

 

査定のときの注意するべき点

ズバット車買取比較に愛車を査定してもらうときに注意するべき点がいくつかあります。

それらをきちんと把握してから見積りの依頼を行いましょう。まずは査定されるときには笑顔で接することです。査定士も人間ですので、感じの良い人は感じの悪い人よりも車に対する信用度が高まる傾向があります。

もちろん、審査は厳格な項目を綿密にチェックしていきながら金額を出すものですが、査定依頼者の態度で印象が大きく異なるもの事実です。

態度が悪い人は車の扱いも雑だろうと思われることもありますので、査定士を味方につける勢いで接しましょう。

また、必要な書類はあらかじめ用意しておくことも大切なことです。具体的には車検証や取扱説明書です。

これらは車の査定価値を高めてくれるものなので、あるのとないのとでは結果が大きく異なります。持っている人はきちんと提出しましょう。

さらに、買取業者は外装と内装の両方を見てから価格を提示します。そのため、査定の当日までに洗車に出すか、自分できちんと洗っておくことをおすすします。

もちろん、内装もしっかりと清掃しておくことです。窓ガラスをタオルでしっかりと拭き、タバコの灰皿も処分して、掃除機でゴミやチリをしっかりと吸引しましょう。

外装が綺麗でも内装が汚いと扱いが雑だという印象を与えてしまいます。そこから査定額が減額されていきますので注意しましょう。

最後に、傷がある中古車の場合には無理して直さないことです。これが意外に思われるかもしれませんが、傷のあるものはそのままの状態で査定に出した方が損ではない場合が多いのです。

無理して高い修理代を出して直してもらったとしても査定額がそこまで高くなければ赤字になることもあり得ます。

そもそも1センチ未満の細かい傷というのはほとんど査定対象にはならないのが常識です。そのため、そうした細かい傷を直すのにお金をかけるのはもったいないです。

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

飲食店大好きの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

飲食店大好きの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 外車や輸入車を売るときに依頼を検討したい外車王!メリット・デメリットを解説!

  • 楽天オートの人気とメリット・デメリット!

  • Goo買取が人気を集める理由とは?メリット・デメリットを解説!

  • 車選び.com車を高く売りたい方必見!メリット・デメリットを検証

  • おすすめの車一括査定とは?色々と数社を検証してみた

  • 軽自動車の車検をするときに知っておきたい安く済ませる方法