1. TOP
  2. 車査定
  3. 車を売るならカーセンサーといわれる理由とは!メリット・デメリットを解説!

車を売るならカーセンサーといわれる理由とは!メリット・デメリットを解説!

車査定  

利用者のことを考えたサービス展開

カーセンサーの人気が盛り上がりを見せているのは、それだけ多くの人に信任を得ているからといえるのではないでしょうか。

カーセンサーを運営しているのは、株式会社リクルートです。株式会社リクルートといえば、そのスケールメリットを活かしての取り組みには定評があります。

多くの人が株式会社リクルートのことは知っているはずです。車の売買に限らず、やはり大企業が運営していることによるメリットや利点は大きくなるといえます。

企業としての安心感につながることにもなります。買取査定を行う業者は多くありますが、カーセンサーの取り扱い量が常にトップレベルで推移しているのも、株式会社リクルートの信頼性の高さに起因していることは否めないといえるでしょう。

カーセンサーが多くの人に支持されていることは、ネット上の体験談などを参考にすることでも確認することができます。口コミや評判なども含めてじっくりとチェックすることが重要です。

ネット時代を迎えたこともあり、ネット上での愛車の一括見積りサービスを提供する業者が増えてきました。カーセンサーでもネット上でのサービスを行っていますが、その最大の特徴として、電話番号を入力しなくても良いという点が挙げられます。

この点については、多くの利用者にとっての利点となっていることは間違いないといえるのでしょう。電話番号を記入することで、販売店からのしつこい営業電話などがかかってくるなどの心配をする人も多くなります。

カーセンサーでは、そのような利用者に配慮することも忘れないサービスが人気につながっているのかもしれません。カーセンサーでは、あくまでも利用者の目線に立ったサービスを展開しているのです。

 

カーセンサーが選ばれる理由

カーセンサーが下取りや見積りを検討する多くの人に選ばれる理由には、そのサービスクオリティの高さにあるといえるでしょう。

その買取相場の高さもさることながら、親切丁寧な対応にも定評があります。

とかく中古車の買取サービスを提供する業者の中には、積極的なサービス提供に消極的な態度を示す傾向があることも事実です。

カーセンサーについては、その点についても心配ありません。相談にも積極的に応じる姿勢を見せています。例え契約に結びつかなくても、丁寧な対応をすることでプラスの効果がもたらされることは往々にしてあるものです。

カーセンサーでは、顧客の氏名や住所などの個人情報の管理にも細心の注意をして臨んでいます。査定の際などに聴取することになった個人情報についても、厳重に保管するなどの取り組みを徹底します。

カーセンサーの強みにもなっているのが、全国対応ができる点です。

カーセンサーでもネット画像などを利用することはもとより、必要に応じて顧客の居住地の近くの支店からスタッフを派遣するなどの取り組みも行います。

このようなきめ細かなサービスを提供することで、大きな信頼を獲得することにつながります。

昔のように、買取査定サービスを受けるために、何度も行き来するようなことはなくなりました。カーセンサーのサービスを利用することで、利用者の満足度はアップすることになったといえるでしょう。

カーセンサーには、あれこれと色々な助言やアドバイスをしてくれるスタッフがいますので、その点でも安心といえます。

 

 

入力項目が多いのが不満?

愛車の無料査定や他業者との比較ができるなどと何かとメリットが多いのがカーセンサーのサービスです。

しかしながら、カーセンサーの査定のデメリットがあることも念頭に置いておくべきといえるのではないでしょうか。

カーセンサーの査定を受ける際には、他の業者と同様に定型フォーマットに必要事項を入力することになります。カーセンサーの場合には、その入力項目の数が他の業者と比較した場合に、若干多いとされます。この点については、煩わしいと感じてしまう人も多いかもしれません。

しかしながら、入力項目が多いことで、より詳細のデータが入手できることにつながります。その分査定額もより正確に算出されることにつながります。そういう意味では、デメリットでありながらも結果的にメリットになるといえるでしょう。

また、カーセンサーでは査定額の算定までのスピードが若干遅いという声もあがっています。このことについては、それだけ慎重に査定をしていることを物語っているといえます。

詳細にまでしっかりと目を向けることで、より正確な査定額を打ち出すことができることになります。いい加減な査定をすることで、後から不具合や故障が見つかることに比べれば、格段に良いといえます。

このハイクオリティなサービスこそがカーセンサーの真骨頂といえるのかもしれません。

加えて、担当者からのアプローチが少ないという点もデメリットといえます。この点も、場合によっては利点に感じる人もいるでしょう。

カーセンサーでは、営業電話やしつこいセールスをしないという方針を打ち立てています。これもカーセンサーの高評価につながっていますが、デメリットとしてとらえる人もいます。

\ SNSでシェアしよう! /

飲食店大好きの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

飲食店大好きの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!