1. TOP
  2. 車検
  3. 軽自動車の車検!必要書類はなに?費用はどれぐらいかかるの?

軽自動車の車検!必要書類はなに?費用はどれぐらいかかるの?

軽自動車の車検にかかる費用

軽自動車の車検にかかる費用の相場はだいたい5万円~8万円程度になっています。

内訳はというと、まず車検を通すなら必ずかかる費用として法定費用があります。この法定費用はディーラー車検でもユーザー車検でも、どこで車検を受けたとしても同じ額だけかかる節約できない費用になっています。

法定費用にはまず、自動車重量税という税金がかけられます。重量税は登録年数などによって変わってきますが、6,000円~8,000円程度の税金がかかります。

そのほかには自賠責保険という保険料が25,000円程度かかり、印紙代は1,000円~2,000円程度になります。

合計すると35,000円ぐらいは必ず必要になる費用ということになりますので、目安として覚えておいてください。

法定費用のほかにも、ディーラー車検や整備工場で車検をする場合には車検基本料がかかります。これには24か月点検費用と車検代行手数料、検査料などが含まれていて、どこで車検を受けるかによって金額は大きく変わっています。安ければ10,000円代から受けることができるでしょう。

相場としては10,000円~50,000円程度になります。ほかにもオイル交換や壊れている部品があればその部品代などの費用がかかりますので、車の状態が悪い場合には思ったよりも費用が高くなったということもありえます。

 

車検に必要な書類は?

車検を受ける際に必要になる書類としてはまず、車検証があげられます。

コピーを持っていく人はいないでしょうが、原本が必要でコピーは不可ですから、必ず原本を持っていきましょう。次に必要なのは軽自動車納税証明書です。こちらもコピーは不可ですので、原本を持って行ってください。

証明書がない場合には市町村で交付を受けることができますので、役所に行って用意しましょう。自賠責保険証明書と自動車重量税納付書も必要です。自賠責保険は新車購入時や前回の車検時に加入しているでしょうし、重量税も払っているはずです。

多くの場合は車検証と一緒に証明書も保管されているはずですので、チェックしてみてください。継続検査申請書と軽自動車検査票は業者に車検を依頼した場合には業者が代行して用意してくれますが、ユーザー車検の場合は自分で準備する必要があるので、軽自動車検査協会で手に入れておきましょう。

書類のほかに、印鑑も必要になりますから、こちらも忘れずに用意してください。

 

ディーラー車検のメリットは?デメリットはある?

車検を受けるにはいくつかの方法があります。

まずはディーラー車検ですが、これは車の正規ディーラーで車検を受けるという方法で、ディーラーに予約をして車検を受けることになります。

ディーラー車検のメリットは、質が高い車検を受けることができるということです。正規ディーラーにはメーカー側から整備マニュアルなどが渡されているケースが多く、その車種に合った車検を受けられるようになっています。最新の車でも問題なく車検や整備が可能だというのもメリットでしょう。

デメリットは、質が高いだけにその費用も高いということです。ディーラー車検は整備工場やユーザー車検に比べるとその費用は高く、トータルでかかる費用が多くなってしまいます。

 

 

整備工場・車検専門店で車検を受けるメリット・デメリット

整備工場や車検専門店もディーラー車検と同じように予約をして車検を受けることになります。

整備工場などに車検を依頼するメリットとしては、費用が安く抑えられるということでしょう。

ディーラー車検よりもかかる費用が少なく済みますし、ベテランのメカニックがいるところなどはその検査の質も高いことが多いです。取り扱っている車種も幅広いので、メーカーなどを気にせずに依頼できるという点もメリットになります。

 

デメリットとしては、それぞれの整備工場や専門店で検査や整備の質にムラがあるということです。見極めが難しいので、当たり外れがあるというのは気になるポイントですし、整備工場の場合は土日祝日が休みというところも少なくはないので、車検に持ち込みにくいのもデメリットでしょう。

車検専門店の場合は、検査が優先ですので整備などに不安が残るというケースもありますから、きちんとしている店舗を選ぶことが重要になります。

ガソリンスタンド車検の良い点・悪い点

ガソリンスタンドでの車検を受けるメリットは、その気軽さにあります。

給油をしたついでに車検を依頼するということも可能なので、気軽に依頼することができますし、24時間営業のスタンドなどなら時間を気にせずに依頼できるのも大きなメリットでしょう。メーカー問わずに受け付けていますし、費用も安めでわかりやすいということも言えます。

 

デメリットは、整備工場の良し悪しがわからないということでしょう。ガソリンスタンドでの車検と言っても、スタンドで検査をするわけではなく自社工場や提携工場に持ち込んでの検査というのがほとんどです。スタンドはあくまで窓口というところも多いため、どのような工場で整備するのかがわかりづらくなっています。

 

ユーザー車検ってなに?どんな特徴が?

ユーザー車検は自分で陸運支局に持ち込んで検査をするという車検方法になります。

ユーザー車検の最大のメリットは何といってもかかる費用が安いということでしょう。法定費用だけで車検を受けることができますから、できるだけお金をかけたくないという方にとってはメリットです。車に問題がなければ20分~30分程度で検査が完了するというのも魅力でしょう。

 

デメリットは、陸運支局があいている平日に検査を受けなければならないということです。土日祝はあいていませんから、平日に休みをとる必要があります。また、車検に落ちた場合には整備をしてまた車検を受けにいかなければなりません。

自分で整備ができない場合には、整備工場などに依頼をして直してから再検査ということになりますので、車に問題があって自分で整備できない場合には、思ったよりも費用がかかる可能性もあります。

 

 

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

飲食店大好きの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

飲食店大好きの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • イエローハット車検の費用やメリット・デメリットをわかりやすく紹介!

  • 軽自動車の車検をするときに知っておきたい安く済ませる方法

  • あなたも軽自動車を白ナンバーにしてみませんか?

  • ユーザー車検についてわかりやすくご紹介!

  • ディーラー車検について知ろう!

  • ベストな方法が見つかる車検の一括見積り