1. TOP
  2. 車を売る
  3. 軽自動車の車検をするときに知っておきたい安く済ませる方法

軽自動車の車検をするときに知っておきたい安く済ませる方法

軽自動車の車検にかかる費用と手続き

軽自動車を所有していて継続して乗り続けられるようにするには車検を通さなければなりません。

一般的に車検と言われているのは軽自動車の場合には継続検査であり、新車であれば登録してから三年後、それ以降については車検を行ってから二年後には継続検査を受けることが義務付けられています。

軽自動車の車検でドライバーが行わなければならない手続きは基本的には普通車と同じですが、車検費用については同じではありません。

車検費用は大別すると法定費用と車検業者に支払う車検手数料に分類することが可能です。

法定費用については必ず車検を通すときには払わなければならない費用であり、自賠責保険料、自動車重量税、印紙税の三つに分けられています。

自賠責保険料はときどき金額は改正されて上がってきていますが、次の車検を受ける二年後までの保険料を一括払いする仕組みになっていて二万六千円少々です。一方、自動車重量税についても二年分をまとめて支払うことになっています。

この税金についてはエコカーとして認められる軽自動車かどうかによって金額が異なり、エコカーの場合には減税も受けることが可能です。

減税の対象外となってからも低価格でエコカー以外に比べると安くなっています。エコカー以外に乗っている人の場合には期間・年数による違いも理解しなければならず、13年が経過すると高くなり、18年が経過するとさらに高くなるのが現状です。

印紙税については検査の申請手数料として千円少々が必要になります。これらに加えて車検を受ける方法によって、業者に対して車検手数料を払うことになりますが、その金額については業者によって大きく異なるので確認することが必須です。

数万円単位で費用がかかることが多く、整備しなければならない部分が多いとそれに対する作業費用と部品の実費がかかるので、毎回同じとは限らないことに気をつけなければなりません。

 

軽自動車の車検を受けるときに用意する必要がある書類

軽自動車の車検を受けるときには必要書類を整えておく必要があります。

申請をするときには軽自動車検査協会の窓口で手続きをするのが原則ですが、業者に車検を依頼したときには代行してもらうことも可能です。

事前に用意しなければならない書類として挙げられるのが、車検証と呼ばれる自動車検査証、印鑑、軽自動車税納税証明書、自賠責保険証明書の四つであり、持ち込みで車検を受ける場合には軽自動車検査票、自分で民間工場などで点検整備だけを行ってもらった場合には点検整備記録簿も必要になります。

また、現地では継続検査申請書を手に入れて記入する必要があり、自動車重量税納付書も納税を行った上で発行してもらうのが基本です。

業者で代行してもらう場合にはこのような一連の書類はほとんどを準備してもらうことができます。自動車検査証、軽自動車税納税証明書、印鑑の三点だけが事前に準備しなければならないものです。

ただし、手続きをする上で住所変更や名義変更が必要になった場合には別途手続きを行わなければならない注意しなければなりません。

車検を通すときには住所や名義が正しくなっていないと受けられないからです。住所変更や名義変更をするときには住民票の写しと印鑑証明書が必要になります。

 

軽自動車の車検を受ける方法の種類と違い

軽自動車の車検を受けるときには業者を自由に選ぶことが可能です。

よく行われているのがディーラー車検であり、軽自動車を新車で購入したときにはそのまま車検も依頼するケースが多くなっています。ディーラー車検では徹底した整備を行って向こう二年間は不備なく快適に走れるようにしてくれるのが特徴ですが、料金では最も高い方法になりやすいので注意が必要です。

車検専門店も街中に林立するようになっていて気軽に利用することができます。車検料金については業者間での差が大きく整備内容についても違いが大きいので比較吟味が必要です。

この他にもガソリンスタンドやカー用品店、自動車修理工場などでも車検を行うようになっているので検討して見ると良いでしょう。

 

安く軽自動車の車検を済ませるには

軽自動車の車検を安く済ませるために重要なのは車検手数料を安くすることです。

法定費用については必ず払わなければならないので、どのような方法を選んでも車検を通す以上は必要になります。ディーラーや自動車修理工場では整備費用が高くなるので全体としても料金が高くなりやすいですが、車検専門店やカー用品店などでは整備を最小限にしていることが多いので安い傾向があるのが特徴です。

少しでも安くしたいと考えたら見積もりを取って比較するのが肝心であり、利用しやすい範囲内にある業者から一通り見積もりを取って安い業者に依頼するのが基本になります。

ただし、車検を通すために必要と想定されるような整備内容が見積もりに含まれているかも加味して比較しなければなりません。

また、早めに予約することによって割引をしてくれる業者もあります。割引サービスについても多様化が進んでいるので合わせて確認するのが大切です。

 

 

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

飲食店大好きの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

飲食店大好きの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!