共働きママ・パパ必見!子供のための週末中学受験サポート術

自分の子供に中学受験をさせるのであれば、どのようにして合格させるかを第一に考えなければなりません。しかしながら、親としては自分たちが勉強をするわけではないので、最終的には子供自身に勉強を任せておかなければなりません。だからと言って、中学受験は親が放置してしまうと合格から遠のいてしまう可能性が高くなります。子供は高校受験や大学受験であれば自分で勉強するでしょうし、逆に親が子供の勉強を見ようとしても反抗期と重なる時期になりますので子供は嫌悪感を示し、逆効果になってしまいます。
ですが、中学受験では親がサポートすることが合格するために重要なのです。なぜなら、小学生では子供は自立よりも依存の部分が強いからです。勉強のサポートだけでなく精神的なサポートも重要になります。そのカギを握っているのは学校の先生でもなく塾の先生でもなく実は親自身なのです。
ただ、小学校高学年の子供がいる家庭の8割から9割は両親が共働きで毎日子供の勉強をみている余裕があるわけではありません。そこで、週末に仕事が休みの場合には週末だけでも受験のサポートをすることが必要があります。では、どういったサポートをすれば成績は伸びていくのでしょうか。まずは基本的に勉強面で叱らないことです。子供の教育の中では叱ることは重要です。ですが、テストの点で叱ると子供は自分を否定されたような気持になってしまいます。大人でも一生懸命仕事をしてその結果上司に叱られたとしたらモチベーションが下がるでしょう。まだ努力がテストの点に表れていないだけと考えて親が大きな気持で接していくべきなのです。テストの点が悪かったら「こんな点数じゃ頑張りが足りていないんだ」や「こんな間違えてたら合格できない」と否定的なことをいうのではなく「よく頑張ったね」や「あとこことここの問題ができれば合格できるから自信を持って頑張ろう!」と前向きな言葉をかけてあげることが大事になります。とにかく子供と向き合って自信を持たせることが必要です。
また、睡眠についてのアドバイスをすることも必要です。特に直前期は睡眠を削って勉強をしている受験生もいますが、睡眠不足でぼーっとしながら勉強をするよりも、しっかり睡眠をとって勉強をする時間に集中して勉強したほうが頭の回転が良くなり、またひらめきが出てきます。そういった睡眠についても教えてあげるべきなのです。
以上のように、週末は子供と接して自信をつけさせることなどのメンタル面でのサポート、そして睡眠について問題ないか管理をしてあげることが合格に近づくために大事になるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。