キレない子に育てる!3歳から始める「セカンドステッププログラム」とは?

教育は成人まで必要な事ですが、幼少期は特に子育てを良く考える事が重要です。
また、近年ではキレる子供が増えているので、キレない子供に育つ観点で教育を行う必要もあります。
セカンドステッププログラムは、80年代にアメリカで作られた教育法の一つで、キレない子供を育てない為の学習法といえます。
具体的には、相手の立場を考える力を養う事によって、結果的にキレない子供が育つのがセカンドステッププログラムの特徴です。
セカンドステッププログラムの成果は、2000年以降アメリカの教育省から認められていて、全米を対象にした優秀な教育プログラムの評価でも、最優秀賞を獲得した実績に繋がっています。
キレる子供が増加している背景には、日本以上に過酷な競争社会であったり、幼少期から勝ち負けで評価される社会の変化が存在します。
アメリカをお手本にする日本でも、近年キレる子供を育てない教育的な議論が行われていますし、セカンドステッププログラムを輸入する事で、キレない子供を育てる取り組みを行っている教育現場もあります。
3歳は人の一生の中でも、人格形成や性格を決定付ける大切な時期にあたります。
これは、子供の間だけではなく、場合によっては一生涯続く脳の考え方に関するの基礎作りになるので、3歳前後の教育方針を間違わない事が大切です。
セカンドステッププログラムの選択は、あくまでも選択肢の一つですし、キレない子育てを行えば精神的に穏やかな子供が育ちます。
逆に、キレる条件を理解する事で、キレない子育てに生かす事も可能になります。
キレない子育てを実現する目的の研究分野では、親の関わり方が子供の性格に影響を与える事が分かっています。
親が忙しく親子で関わる時間が短い状況を始めとして、子供の意思決定に対する過干渉であったり、一方では早い段階から育児放棄を行っている事も問題です。
更に、近年の急速な通信インフラの発展によって、他人と関わる時間が増加している事も、キレる子供が増加している理由の一つになります。
行動には責任が伴うものですが、これは親にも共通する条件で、子供より先に親が理解する必要のあるポイントです。
親子で学べるセカンドステッププログラムは、今から新しい知識を吸収する子供は勿論、親も一緒に成長出来る点が優れています。
親がセカンドステッププログラムを通じて子供の気持ちを理解出来れば、子供も親を悲しませたくないと考えたり、どう行動するのが良いか自ら考える様になります。
人の関わりで深い繋がりが希薄な現代には、キレないで人間関係が構築出来る必要があり、その為にはセカンドステッププログラムの様な選択肢が検討に値します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。