子供の可能性を潰す親と育てる親の違い

子供の可能性を潰すのも育てるのも親次第となっていますから、子供の将来を考えるのであれば可能性を伸ばす方向に持っていくように心がけましょう。

 

子供というのは無限の可能性を持っているものですから、大人の常識では計り知れないものとなります。
そこで、可能性を最大限に伸ばして育てることができる親というのは、まず子供の話をよく聞いて常に笑顔で接して褒めることが大切です。
子供はあらゆることに興味を持って話してきますが、どのような些細な事であっても笑顔で話を聞いてあげて、子供の着眼点をほめてあげることによって、好奇心を伸ばすことができ可能性を広げることができます。
子供の可能性を信じて接するというのも大事なことであり、大人から見た枠にはめてしまうのではなくどこまでも伸びると思って接することによって、子供の未来というのは広がっていくものです。

 
選択肢を広げてあげるというのも大事なことであり、何かの目的を達成する時には様々な方法があるということを教えてあげることができれば、子供は自ら様々な選択肢を探し始めるようになります。
そして、親自身が人生を楽しいものだと感じていれば、子供もそれを感じて生きることは楽しいという認識を持つことになり、無限の未来が広がることになります。

それでは可能性を潰す親というのはどのようなものかというと、育てる親の正反対のことをしてしまうタイプであり、過干渉すぎて大人の考える枠に子供を当てはめようとすることで、将来の芽を潰してしまうことになります。
子供は何もすることができないと、なんでも先に親がしてしまうというのはいいことではありません。
子供の手助けをすることは大切なことですが、子供が何もできないと思って自分達が楽をするために過干渉をしてしまうと子供の可能性を潰してしまうことになります。

 
子供のやることに対して忍耐強く付き合ってあげることができないというのも、可能性を潰してしまう大きな原因のひとつであり、なかなか上手く行かないのを見てこの子はダメだとすぐに親のほうが諦めてしまうようでは、成長を阻害してしまうことになります。

 
本人の自主性を無視してしまって、将来のルートを親が決めてしまうというのも無限の可能性のある子供の芽を摘んでしまうことになります。
このように、子供は何もすることができないと思っていたり、何でも過干渉してしまうことによってそれがきっかけで子供の将来を奪ってしまうことになるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。