全部使ってる?子供が親の愛を実感できる5つの魔法のフレーズ

子供に、親としてのたっぷりの愛情を伝えることは、とても大切です。

「自分は愛されている」と感じられる子供は、自分の良い面も悪い面も受け入れることができるようになる、「自己肯定感」が増して、前向きで自信を持った子に育ちます。逆に、自己肯定感がないと、なにをやるにしても自信が持てなくなってしまいます。
では、いったいどうやって子供に愛情を伝えれば良いのでしょうか?
子供が親の愛情を実感することができる、5つの魔法の言葉を紹介します。

 

一つ目は、ストレートな「愛してるよ」「大好きだよ」という言葉です。子供の目を見て、心から、それも頻繁に伝えてあげましょう。

 

欧米で頻繁に使われている“I love you”のように、「大好きだよ。行ってらっしゃい」と幼稚園に送り出してあげたり、ギュッと抱っこして、「大好きだよ。頑張ってね」なんて日常的に言ってあげると、子どもはとても幸せな気分で毎日を過ごすことができます。
二つ目と三つ目は、「どうしたの?」「大丈夫?」という、子供への気遣いの言葉です。
子供はこの言葉で、親が自分に関心を寄せていることを実感できるので、とても安心できますし、親の愛情をダイレクトに感じることができます。

 

ですから、子供の様子がいつもと違って、ふさぎこんでいたり、悲しそうだったりしたら、迷わず「大丈夫?」と声をかけてあげましょう。一段深い親子のコミュニケーションが取れるようになります。
四つ目は、子供の気持ちを受け入れる、「わかってるよ」という言葉です。
時と場合によって、「痛かったね」や「怖かったね」などに変化させます。

 

子供は、否定されるのではなく、まず一旦受け入れてもらえると、親の優しさを感じて、とても安心します。どんな時もまずは子供を受け入れてあげることで、信頼関係が深まっていきます。
最後の五つ目の言葉は、「いつも見てるからね」です。
子供は、いつも親に見てもらっていると思うととても安心します。逆に、自分に関心がなかったり、無視されたと感じるととても傷ついてしまいます。

 

だからこそ、「いつもあなたのことを思ってるよ」「見ているよ」という風に感じさせてあげることで、とても安心します。日々の生活の中での「おはよう」や「おやすみ」はもちろんのこと、「行ってらっしゃい」「おかえりなさい」も、しっかりと子供のことを見て、できれば頭をなでたり、ハグをしたりしてスキンシップをしつつ、伝えてあげましょう。
ぜひこれら五つの言葉を取り入れて、子供への愛情をたっぷり伝えてあげてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。