知っておくと楽になる?!子供を寝かしつける時のコツ

子育ては、日々の流れが途切れることなく続いています。一日の細かい過ごし方は毎日少しずつ違っていても、三度の食事や、入浴、寝かしつけは多くの場合必ず行われる子育ての行為です。

 

この中でも、一日の最後に行われる子供を寝かしつける行為に苦戦している親御さんは多いようです。一日の子育ての疲れも溜まっている時間のことなので、少しでもストレスなく終えたいものです。

子供は、その日の体調や、いつもと違う環境などを敏感に感じ取り、寝つきに影響することがあります。そんな時でも、なるべく子供の心が落ち着くよう勤めてあげましょう。

 

また、親御さんの心の変化にも子供はとても敏感です。親御さんの心が乱れていると、お子さんは大きな不安を感じ、なかなか寝付くことができなくなる場合があります。親御さん自身も心穏やかに過ごせるよう勤めましょう。

 

それ以外にも就寝前に取り入れたい寝かしつけるためのポイントをいくつかあげます。まずは、明かりと音です。就寝前に自立神経を穏やかにすることは寝つきをよくする方法の一つです。

 

その効果を得るために、就寝時間の1時間前には、証明の明かりをオレンジに近い色の照明、例えば間接照明を用いる方法をとることなどが有効的です。

また、テレビやステレオなどの音量もできるだけ下げ、気持ちを落ち着かせるよう勤めることが有効的な方法です。

 

就寝直前には、お子さんに絵本を読み聞かせしてあげ、テレビなどの音は消してしまうこともお子さんの自律神経を穏やかにする働きが期待できます。

 

また、お子さんの心臓の音に合わせたリズムで優しくたたいてあげることも、子供を寝かしつける有効な手段といえます。お子さんの心臓の音が分かりづらいという親御さんは、お子さんの呼吸のリズムに合わせて行うのも有効的です。それから、温度差です。

体が温まり徐々にさめていく段階で眠気が起こりやすくなります。入浴時間などを利用し、寝付きやすい温度変化を作ってあげましょう。

 

しかしながら、先にあげたように、子育ては日々の流れの賜物です。

就寝前の時間だけに着目し、寝かしつけについて改善を試みることは困難な場合が多いです。朝、起きるのが遅いお子さんは、必然的に夜眠くなる時間に影響します。

 

朝食を食べないお子さんは、活動するエネルギーに影響し、じゅうぶんに日中運動していないので、体が疲れておらず、寝つきが悪くなることがあります。

また、日光に日中当たることも、夜の眠りの深さに密接に関係します。生活習慣をきちんと正した上で、寝かしつけにのぞむようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。