どんな子供にもやってくるイヤイヤ期!親がやってはいけないNG対応とは?

今までなんでも言うことを聞いていたのに、このごろなんでも嫌だ、と言うようになったと感じることがあります。だいたい2歳児前後に多く、この時期をイヤイヤ期と呼びます。
イヤイヤ期は成長の一つで、どの子どもも表現の仕方は違いますが、なんでも嫌だと言ったり、反抗したりします。この行動は子どもの発達上大切な事ですが、毎日続くので、親としては不安になることもあります。
イヤイヤ期で親がやってはいけない対応があります。まず、知らんぷりをしたり、突き放したりすることです。知らんぷりもイヤイヤ期には大事なのですが、突き放すことは子どもにとっては見離されたと感じます。

もう知らないから、と思っても口に出さないようにしましょう。
また、交換条件を出さないことも大事です。そんなにイヤイヤ言うなら違ううちの子どもになったら、といったことや、言うこと聞かなければおやつはないよ、など口にしないようにします。このような事を言われると子どもは納得しないまま受け入れ、そのうちお母さんのご機嫌を伺うようになったり、裏表のある人間に成長してしまったりしてしまいます。
次にやってはいけない対応はがみがみ怒ることです。子どもははじめは恐怖に感じて、言うことを聞いたり、今やっている行動をやめたりしますが、そのうち慣れてきてしまいお母さんの反応を面白く感じてしまいます。逆に、語気を強めた場合は恐怖心を植えるけることにもなります。また、何に対して怒られているのか理解することもできません。
イヤイヤ期は誰でも訪れます。そしていつまでも続いているわけではありません。

大事なのは子どものペースにならない、ということです。子どもは怒られたばかりはきちんと聞きますが、そのうち言うことを聞かないばかりか大人をからかうようになりますし、逆に自分の気持ちを全く話さないようになってしまいます。
イヤイヤ期でのポイントは怒ることを短く話すこと、その場で叱ること、動じないこと、何度も繰り返すときはその都度話すことです。時にはじっと待つことも大事です。待つと突き放すは違うので、子どももそのようなお母さんの反応を見て、やってはいけないんだな、冷静になることができます。
幼児期は心が成長していく大事な時期で、親子の信頼関係が築けるかどうかの時期でもあります。子どもの心がわかるには日ごろから子どもと接することが大切です。子どものイヤイヤを余裕をもって乗り越えられるよう、この時期は家事を減らし、子どもと接する時間を増やすのも一つの方法です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。