子供のストレスの原因は親の過干渉かもしれません

子供を育てている人は、子供にはきちんとした人間に成長していってもらいたいと願うものですが、その思いが強すぎると、プレッシャーを与えてしまい、逆効果になってしまう恐れがありますから、十分注意が必要です。
例えば、親の過干渉が原因でストレスになってしまうことがあります。子供に対するしつけというのはとても重要なことではありますが、それが過干渉になってしまったら、口うるさいと感じてしまい、負担が大きくなってしまうものです。
何かする度に、どこかに行く度に、ああしなさい、こうしなさいと言い聞かせるのは大切なことではありますが、一挙手一投足に対してあれこれ言われてしまったら、気分がげんなりしてしまい、ストレスになるものです。
きちんと言い聞かせなかったせいでケガをしたり事故が起きてしまったら大変ですから、心配して色々なことを言いたくなることもあるでしょうが、心配で言い聞かせておきたくなった場合には、その言い方に気をつけることが大切です。
厳しい口調で注意を促すと、何も悪いことをしていないのに叱られているように感じてしまって、それがストレスになるものです。ですから、優しい口調を心がけて、もしこういうことがあったら悲しいから、困るから、といったことを伝えるようにするのです。
単に、これはダメ、やってはいけないと言うだけだと、口うるさい過干渉の状態になってしまうものです。落ち着いて理由を伝えられれば、子供の精神状態も落ち着くものです。
なお、過干渉の状態というのは、単に口うるさいと感じてストレスになるだけでなく、自分は親から信用してもらえていないと感じさせることにもなりがちです。
親からの信用がないと感じるのは悲しいことで、こういったことが原因となって反抗心が芽生えてしまったり、自己嫌悪に陥る可能性もゼロとは言えないでしょう。
自分のペースで接していると、つい子供の気持ちになって物を考えることが疎かになってしまうことがあります。そうすると、子供がストレスを感じる姿を見ていて、その原因が自分であることに気付かない場合があります。
そういったことにならないようにするために、親の過干渉がストレスの原因かもしれないということを疑ってみて、心当たりがある場合には、接し方を変えていった方が良いでしょう。
愛情深さや面倒見の良さと過干渉というのは異なるもので、この境界をきちんとしながら子供に接していくことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。