あなたは大丈夫?子供の毒親にならないために知っておくべきこと

最近よく耳にする言葉に毒親というものがあります。この毒親とは、子供の人生に悪影響をもたらす親を示しており具体的にいうと
自分の思うように子供をコントロールすること、過度の過干渉、虐待、ネグレクトなどがあてはまります。

 

毒親をもつ子どもたちは、いずれ大人になったときにその影響が出やすく社会生活においても支障をきたします。現在、子育てをしているあなた自身が毒親にならないように、その特徴をしっかりと把握することが大切です。では、さっそく毒親に見られる特徴をみていきましょう。

 

まず毒親になりやすいタイプについてですが、育児や生活に不安をもっているひと、心に余裕のないひと、父親不在、あるいは母親自身がかつて毒親に育てられたという負のループをもっていることなどが該当します。すべてのことに対して共通するのは家庭環境です。

 

そのためなかなか抜け出すことが出来ず、負の連鎖を断ち切ることができません。毒親の特徴ひとつめは、子供を自分の所有物として扱うことです。

 

過度の過干渉もこれにあてはまり、いきすぎた愛情が子供の自由な意志や自己肯定感を奪っているのです。次の特徴は子供に過剰な期待をすることです。過剰な期待を押しつけることで子供は自分の人生を歩めなくなってしまいます。親の敷いたレールではなく、子供の意思を尊重することが大切です。

 

そして、よくありがちななのが他人の子供との比較です。成長には個人差があることは十分承知でも、知らず知らずのうちによその子供と比較していることがよくあります。ですが、その言動が子供の心を傷つけネガティブな考えを植え付けているのです。

 

 

また、しつけと称して暴言や体罰をあたえるケースもあります。なかでも言葉による精神的虐待は、ときに精神を病むことも示唆されます。これらの特徴をふまえたうえで毒親にならないように常日頃から心がけることが大切です。また、もし自分が該当した項目がひとつでもあればすぐに改善するようにしましょう。

 

子供とのコミュニケーションをより深めるように意識し、人格を尊重することが重要です。今は問題が表面化していなくても、彼らが大人になったときに幼少期のトラウマが原因で心身のバランスを崩すこともあるのです。

 

とくに女性は自分が母親になるときに、その問題に直視しなければなりません。毒親は元を断ちきらないと次の世代、その次の世代にも影響します。これを機に自分の子育てを見直すことをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。