1. TOP
  2. 家族・子育て
  3. 赤ちゃんと旅行を楽しもう

赤ちゃんと旅行を楽しもう

毎日の赤ちゃんとの暮らしは楽しいけれど、そろそろリフレッシュしたい、息抜きをしたいと思うお母さんも多いでしょう。赤ちゃんとのはじめての旅行が楽しいものになるようになるように、赤ちゃんの旅行に適した時期や、場所、持ち物などをご紹介します。
赤ちゃんと旅行、いつから行ける?
親の考え方や赤ちゃんしだいですが、生後半年を過ぎれば生活リズムも安定し赤ちゃんがいる生活にも慣れてくるころです。

ただし、新しい場所が苦手な赤ちゃんもいます。せっかく旅行に来たのに赤ちゃんの機嫌が悪ければ、親も疲れてしまい旅行にきた意味がなくなってしまいます。その子にあった時期をえらびましょう。また、季節は過ごしやすい春と秋に行くのがベストです。

 

 

移動手段は車がおすすめ
赤ちゃんとの旅行は、オムツや離乳食などを持っていかなければならず、荷物が多くなります。まわりのひとに気を使わないですむ車で移動するのが安心です。
公共交通機関を使用する場合は、しっかりと準備をして、赤ちゃんが快適に過ごせるように工夫しましょう。残念ながら、「赤ちゃんは泣くのが仕事」と寛容に見守ってくれる人ばかりではありません。
飛行機で移動する場合は、余裕をもって空港へ行きましょう。

ハイハイや歩けるようになっていれば、空港のキッズ広場で遊ばせることもできます。また、フライト時間はその子のお昼寝の時間に合わせると移動中に寝てくれるので、親は落ち着いて過ごすことができます。
電車や新幹線を利用する場合は混む時間帯の使用はさけるのが無難です。赤ちゃんが飽きないように、絵本やお気に入りのおもちゃ、おやつなども忘れずに準備しましょう。
いずれにしても、長い時間の移動は赤ちゃんの負担になり、親も大変な思いをします。移動時間は2~ 3時間におさえ、最初の旅行は近い場所で、のんびりと楽しむことを目的とすることをおすすめします。

 

 

赤ちゃんに優しい宿を選ぶ
赤ちゃん連れの宿選びのポイント
・部屋は和室
寝返りをはじめた赤ちゃんは、寝ている間にベッドから落ちてしまう危険があるので、和室に布団が安心です。また、洋室でもベビーベットを貸し出してくれるホテルもあります。
・夕食は部屋食、または個室
旅館のお料理は量も多く、食べるのに時間がかかります。赤ちゃんが飽きてしまったら、自由に遊べるような環境が理想です。また、ひとめを気にせずいつでも授乳できます。
・お風呂は部屋付きか貸し切り
風呂付のお部屋に泊まると、大人は好きなときに何度でも温泉を楽しめます。お父さんに赤ちゃんを任せて大浴場へ行っても、大丈夫かなと心配になり、意外とそわそわしてしまうものです。同じ部屋であれば、赤ちゃんが泣いてもすぐに行ってやることができます。

初めての温泉旅行の場合、大きなお風呂にびっくりして泣いてしまう赤ちゃんも多いです。また、赤ちゃんは排泄のコントロールができないので、湯船の中でうっかり…ということもあります。大浴場を利用する場合は、「オムツのとれていない赤ちゃんはお断り」としている旅館もあるので、事前に確認しましょう。
・温泉の質を確かめる
肌に刺激が強い温泉や、匂いの強い硫黄などの温泉は赤ちゃんには不向きです。無色透明な40度前後の単純泉なら赤ちゃんも大丈夫でしょう。心配であれば、赤ちゃんだけはお部屋の普通のお風呂へ入れて、お父さんお母さんは順番に温泉へ入るという方法もあります。

 

昔より、子育て中のお母さん、赤ちゃんに優しいプランを打ち出している宿が増え、赤ちゃん連れでも旅行が楽しめるようになりました。プレイルームがある宿やホテルに泊まれば、赤ちゃんも楽しめそうです。宿が決まったら予約時に必ず赤ちゃん連れであることを伝えておきましょう。

 

旅行の持ち物
・旅行期間中使う量のオムツ
・離乳食
ベビーフードが便利です。ただし、はじめての味だと食べないこともあるので、事前に食べさせてみるとよいでしょう。
・着替え
汚れる場合も多いので、必要量以上のものをもっていきましょう。
・タオル・ビニール袋
タオルはお昼寝中にかけたり、お風呂上りに利用したり、何かと便利です。ビニール袋はゴミや使用済みオムツをいれるために持っていきましょう。
・保険証・母子手帳
赤ちゃんとの旅行は何があるかわかりません。万が一のために必ず持っていきましょう

 

赤ちゃんとの旅行ですと、ついつい持ち物を増やしてしまいがちですが、国内であれば現地で調達することもできます。また、オムツやミルクなど、赤ちゃんグッズを用意してくれている宿もあるので、利用するのもひとつです。

 

最後に
赤ちゃんは急に熱をだしたり、体調を崩したりすることがあります。出発の日は、赤ちゃんの体調をよく見て、無理せず旅行に行きましょう。時には旅行を中止にする決断も必要です。
はじめての赤ちゃんとの旅行、日頃の疲れを癒し、リフレッシュできる楽しい旅行になるといいですね。

\ SNSでシェアしよう! /

飲食店大好きの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

飲食店大好きの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 全部使ってる?子供が親の愛を実感できる5つの魔法のフレーズ

  • コミュニケーション能力UP!幼児リトミックを取り入れた教育をしよう!

  • 将来困らないために!子供を「聞き上手」に育てるポイント

  • ママは「子どものカウンセラー」 子供の意見を聞くことの大切さ

  • パパ臭い!と娘に言われる前に知っておくべき体臭改善法

  • 魔の2歳児「イヤイヤ期」と上手に向き合うコツ