1日30分でIQが驚くほどUPする!海外ママの間で話題沸騰中の「育能ベビートーク」とは

ほとんどの親は赤ちゃんが将来賢い人に育ってほしいと思うにちがいありません。幼児早期教育についてはさまざまな方法があります。

それぞれにメリットやデメリットがあり、中には高額であるものも少なくありません。実は幼いうちにIQを高めることはそれほど難しいものではありません。

たとえば最近話題のベビートークもそのひとつです。ベビートークとはその名前の通り、赤ちゃんとお話しすることです。

提案されている標準的な方法は赤ちゃんと一日30分ほどお話しすることです。30分は短いようですが、かなりの根気が必要とされます。ではなぜベビートークはそれほど効果的なのでしょうか。赤ちゃんに話しかけることで脳の発育に大きく影響を及ぼし、その結果推論する力、思考力、解決力を身に着けることができるようになります。当然IQにも影響があります。

とくに生まれて最初の一年は非常に重要な時期です。ある実験でも生後七か月の赤ちゃんのグループにベビートークを行い七年後に知能テストを行いました。そうしなかったグループとの違いは歴然でした。

では実際にどのようにベビートークを行うことができるでしょうか。赤ちゃんと十分な目の接触を保ちます。諸説ありますが、赤ちゃん言葉だけで話しかける必要はありません。言葉の意味はわからないとはいえ、豊富な単語を用いることで脳を刺激することができます。

赤ちゃんに用いる語彙が多いことはIQを高め、社会的適応力を備えることが実験でも証明されています。こうした方法は決して機械にはできないことです。テレビや録音された音は代わりをすることができません。

人にしかできないことです。赤ちゃんでも何かの機械から聞こえてくる音と人の声はすぐわかります。これによりコミュニケーション能力を高めることができます。確かに幼児向けのテレビをつけるなら、おとなしくなるかもしれません。しかしいつもこうした方法で子供をあやすことは、発育に好ましいことではありません。

テレビを見る時間と成績は反比例しているといわれています。ですから一番良いのはお父さんやお母さんがスキンシップをしながら、赤ちゃんとお話しすることです。これは簡単で費用がかからず、親子のきずなを強めることもできます。

まだ小さいからわからないということはありません。お母さんのおなかを出た時から、すべてをスポンジのようにして吸収しています。言葉の意味はわからなくても、後に結果としてあらわれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。