妊娠中、産後ママの体質別!お肌トラブル対処法

肌が乾燥しているという悩みを抱えている女性は多くいると思われます。とくに妊娠中や産後ママはホルモンバランスが崩れやすく、肌が敏感なりやすい上に薬を使用するのも難しい状態です。
放っておくと肌トラブルとなってしまい悩みの原因となってしまいます。
インド大陸の伝統的な医学であるアーユルヴェーダでは人の体は「ヴァータ(風・空)」「ピッタ(火・水)」「カパ(水・地)」の体質に分かれていると考えており、それに合わせてケアをしていくことで肌トラブルを回避していけると考えています。
ヴァータ体質の場合、やせ形で華奢な人が多く極端に背が高かったり低かったりし、体型がアンバランスなことが多いとされています。ピッタ体質は中背中肉な標準体型をして肌艶が良く、ピッタの性質から体温が高く寒さに強く暑さに弱く、汗をかきやすい体質をしていることが多く、カパ体質は一般的に体格が良く、体力や持久力に優れているが、太りやすい体質で運動不足から肥満になりがちになってしまう体質だとされています。
肌質的に見ると、ヴァータは乾燥に弱いためとくに冬場などは肌トラブルが起きやすいとされています。ケアの方法としては、食事の面で油分と水分を温かい物を摂取していくことがポイントとなります。睡眠時間が短いと肌トラブルが起きやすくなるためなるべくしっかり睡眠をとることをおすすめします。毎朝美容オイルで肌に油分を与えながらマッサージすることも効果的です。
ピッタ体質の場合は、肌に赤みや湿疹、炎症ができやすい体質です。ストレスが肌に現れることが多いため、肌に効果的なココナッツオイルを料理に使ったり、フェイスマッサージに使用するとケアには効果的だとされています。入浴する時もあまり長い時間はいらずに短めにしておくことが肌には効果的です。
カパの肌は油分が多くニキビができやすいといわれています。油分が多い時のケア方法としては、食事の面からは皮脂の分泌の原因となってしまう甘い物や脂質の多い物を減らしていくことが大切です。また、太りやすい体質のためできれば毎日ヨガやウォーキングなどを行なって汗をかくことをおすすめします。オイルマッサージや油分の多い化粧品は肌トラブルに繋がってしまうため、避けた方が無難となります。
肌トラブルは体質によってケアをすることによって減らしていくことができます。妊娠中だから、産後だからと諦めずにケアをしていくことが美肌に繋がります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。