ガサガサの唇がプルプルに!意外と知らない正しいリップケア方法

冬になると空気が乾燥するため肌がカサカサになってしまいます。そのため乾燥対策に肌のスキン毛をを行う人は多いですが、空気が乾燥する時期には肌だけではなく、唇も乾燥してガサガサになってしまうことがあります。ガサガサの唇は見た目にも良くないですし、ちょっとした刺激で切れてしまったりしていたい思いをしてしまうこともあります。ガサガサ唇の対処としてリップクリームを使うことはよく知られていますが、間違ったリップケアを行っているとガサガサ唇の改善ではなく逆に悪化させてしまうことがあります。リップクリームを塗っているのになかなか改善しないと言う場合はリップケアの方法が間違っているかもしれません。正しいリップケアを覚えて行うようにすることで、ガサガサからプルプルの唇に改善することができます。唇がガサガサになるのは空気の乾燥だけが原因ではありません。唇をなめてしまう癖があるとなめた部分についた唾液が乾く時にその部分の水分まで奪ってしまいます。そのため余計に乾燥を招いてしまうことになりますからなめてしまう癖を治すように心がけましょう。またメイク落としがきちんとできていなかったり、食事で摂った油分などが唇に残ったままになってしまうと乾燥や荒れて炎症を引き起こしてしまうことがありますから注意することも大切です。自分に合わないリップクリームを使うのも良くありません。メントールなどが配合されているものなどは刺激が強く人によってはトラブルの原因となることもありますし、リップクリームに含まれる成分によってはアレルギー反応を起こしてしまうこともあります。そのためいつも使っているけれど状態が改善しないと言う場合には、そのリップクリームの使用をやめて違う成分のものを試すようにするようにしましょう。正しいリップケアの方法で大切なのははまず、リップクリームの塗り方です。リップクリームの効果をしっかりと得るようにするためには縦の方向に塗るようにします。唇は縦方向に線が入っているので、それに合わせて塗るようにすることで奥の補まで潤い成分を浸透させることができるようになります。塗る回数は1日に5回から6回程度が適度な回数です。乾燥しているからと言って頻繁に塗ってしまうと摩擦で刺激を与えてしまいますし、リップクリームで保湿しすぎると自ら水分を保とうとする本来の機能を弱めてしまいます。2時間から3時間おきくらいに塗るようにすると良いです。またガサガサが強く出ている時には寝る前に唇専用の美容液をつけるようにするのも良いケア方法です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。