出産によるデリケートゾーンの黒ずみを改善する3つの習慣

妊娠、出産をすると、デリケートゾーンの黒ずみが気になり出します。その黒ずみの原因は、女性ホルモンの増加によるもの。ホルモンバランスが大幅に変化し、女性ホルモンが増加することによって、メラニン色素が増えることから黒ずみが起こるようです。特に、皮膚・粘膜が薄く、弱いデリケートゾーンは、元々メラニン色素が多く、黒ずみやすいのが特徴です。
出産によるデリケートゾーンの黒ずみに悩む多くの方のために、黒ずみを改善する、3つの習慣を紹介します。
一つ目は、日頃から、肌を傷つけたり、負担をかけないようにすること。そうすることで、黒ずみが少しずつ改善していきます。強い紫外線を多く浴びないように肌をいたわってあげてください。体の毛の処理の際は、剃刀ではなく、肌に負担の少ない電気シェイバーを使用して、優しく処理をします。お風呂でも、黒ずみが気になるからといって、強く洗ってしまっては逆効果。こすらずに、強い刺激を避けて優しく洗ってあげると良いです。
二つ目は、肌の保湿をしっかりと行うこと。
肌が乾燥してしまうと、紫外線がお肌の奥にまで届き、よりメラニンを刺激してしまうので、悪化する原因となります。保湿をしっかり行って、お肌を守りましょう。さらに、保湿を行うと、皮膚の代謝が活発化されますので、肌の状態が改善されます。お肌に負担の少ない角質ケアをして、余分な角質を除去し、肌の代謝を助けるのもお勧めの方法ですが、その際も、ゴシゴシこすったりせず、負担をかけないように優しく行います。
最後、三つ目は、毎日の食事で意識してビタミンを多く摂ることです。食べ物で肌は作られるので、肌に良いビタミンを多く摂取するようにしてください。特に、ビタミンCを多く含む赤ピーマン、黄ピーマンなどの緑黄色野菜や、ゆず、れもんなどの果物、のり、わかめなどの海草類は、たくさん摂ることでメラニンの生成を抑制してくれ、色素沈着を防いでくれますので、おすすめです。さらに、お肌の代謝を助け、抗酸化作用(アンチエイジング)の高い、ビタミンEを多く含む食品もあわせて摂るように心がけましょう。一緒に摂ることで、補い合ってより強い力となってくれます。ビタミンEを多く含む食べ物は、アーモンド、うなぎ、カボチャ、パセリ、ほうれん草、梅、アボカドなどです。
デリケートゾーンのお肌を改善させるために、この3つの習慣を頭に入れて、日常生活でぜひ意識して取り組んでみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。