30代後半からはじめるべき3つのアンチエイジングポイント

30代後半は、肌の悩みが増える時期でもあります。特に、加齢、紫外線の影響や代謝の低下、猫背、ストレスなど様々な要因が重なって起こるお肌のたるみは、美しさ、若々しさの大敵です。
そこで、30代後半からはじめるべき、大切な3つのアンチエイジングのポイントについてご紹介します。
まず1つめは、肌のハリを保つようなケアをしっかりとすること。具体的には、しっかりと紫外線をカットするようなUV効果の高いスキンケアをたっぷりと取り入れてエイジングケアをします。それと同時に、保湿・抗酸化・抗炎症作用の高いものを選ぶとより良い効果が期待できます。
さらにハリを保つために大切な、リフティング効果のある美容液やクリームなどでケアするのもおすすめします。
しっかりと毎日スキンケアをして、肌のハリを保つように意識をして下さい。
2つ目は、むくみを予防することです。むくみは、老廃物や余分な水分が溜まって引き起こされ、放っておくとどんどん悪化して行く悪循環に陥ってしまいます。むくみがひどいと、顔のたるみも酷くなり、老け顔になってしまいます。
全身の老廃物をしっかりと流すために、お風呂で体をマッサージしたり、スキンケアの際に、耳の下のリンパや首筋をマッサージして老廃物を流すように心がけて下さい。また、アルコール類を過剰摂取せずに、身体を温めて、代謝をよくする食事も意識して、日々老廃物を溜めない、アンチエイジングを意識した生活をしましょう。
3つ目は、顔の表情筋を毎日鍛えることです。顔を内側から支えて上げているのも立派な筋肉で、年と共に年々衰えていきます。30代後半、年齢を感じ始める年だからこそ、口角を上げて、毎日笑顔で過ごすように心がけて下さい。
笑顔は、ストレスを軽減させる効果があるので、心のアンチエイジングにも繋がります。
毎日忙しくしていると、無意識に顔がこわばりやすくなります。ですから、今日は忙しかったと思う日は特に意識をして、頬の筋肉を上げるストレッチを行うようにして下さい。また、顔の表情筋は肩の筋肉とも繋がっていますから、猫背なども顔のたるみに結びついてしまいます。そこで、気付いた時に意識して肩や首をまわすなど、ストレッチも取り入れましょう。
日々忙しいからこそ、少しずつ意識をして、気付いた時から、3つのアンチエイジングポイントを実行してみて下さい。日々の積み重ねが、いつまでも若々しくはつらつとした肌を作り出します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。