1. TOP
  2. 仮想通貨(暗号通貨)
  3. ニュース等でも見かける仮想通貨の「億り人」の意味について

ニュース等でも見かける仮想通貨の「億り人」の意味について

仮想通貨の億り人

仮想通貨の相場上昇に合わせて、仮想通貨のニュースの中で億り人という言葉を耳にするようになりましたね。億り人とはどのような意味なのでしょうか?

 

億り人の意味

億り人という言葉が聞かれるようになってきたのは、2017年の後半頃からかもしれませんよね。この時期は、仮想通貨の相場が急上昇している時期であるため、相場の上昇と共に大きな利益を上げている方も増えてきました。

 

仮想通貨の初期の頃は1枚の価格が非常に安く、当初に比べると数百倍の価値になった仮想通貨も少なくありません。

 

億り人とは、仮想通貨の初期もしくは相場が低かった時期に通貨を購入し、価格が上がってから売却することで、資産が億を超えた方を指す言葉として使っているんですね。

 

億り人の数はそれほど多くはないものの、数百人は確実に超えていると言われています。こうしたニュースを聞くと、仮想通貨の未来に期待せずにはいられないですね。

 

億り人になるためには

初期の仮想通貨を購入した方の中には、仮想通貨の未来を信じて購入した方もいますが、面白いので購入しておいたという方も少なからずいるようですね。

 

つまり儲けの事を全く考えずに購入して、その存在すら忘れていたという人さえいるわけです。どんな事でもそうですが、タイミングの大切さを痛感させられますね。

 

 

 

 

それと同時に、新しいものにチャレンジする気持ちを持っていることも、億り人になるためには必要な要素になるのでしょう。現在の仮想通貨の未来は、まだ不透明なところも多く、将来性に関しても両極端の意見に分かれています。

 

こうした時期だからこそ、リスクを忘れてはいけないものの、将来性に期待して仮想通貨取引に参加してみることも大切なのかもしれませんね。

 

億り人の税金

仮想通貨で利益が出ると、雑居所得となり確定申告が必要になりますよ。

 

億り人になると仮想通貨による利益の金額が億単位になるため、納める税金の額もかなりの数字になりますね。

 

億り人になった方が、購入した仮想通貨を日本円に戻した段階で、儲けになった金額に対して税金がかかってきます。仮想通貨の利益に対してかかる税率は、4,500万円以上であれば45%と規定されており、さらに住民税が10%プラスされるので合計55%ですね。

 

仮に1億円の利益が出ても、5,500万円の税金を納める計算になります。かなりの金額ですが、無申告や延滞すると納める税金が増えるので、期日通りに確定申告を行うようにしましょうね。

 

仮想通貨取引で億り人になるのは、本当に夢のあることです。とは言え、仮想通貨取引をしている方の中で億り人になったのは、ごく一部の方だけである事も忘れないようにしましょうね。

仮想通貨初心者の取引所開設や始め方、仕組み解説のまとめ記事一覧

\ SNSでシェアしよう! /

飲食店大好きの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

飲食店大好きの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 仮想通貨への投資をするために用意したい銀行口座とは

  • これから仮想通貨を始めるなら投資額はどれくらい必要か

  • 仮想通貨のイーサリアムにはどんな特長が?まだまだ発展の可能性も

  • 【保存版】仮想通貨初心者の取引所開設や始め方、仕組み解説のまとめ記事一覧

  • 高騰するビットコインの購入は今からでも間に合う?

  • 仮想通貨と現実の通貨にはどんな違いがあるの?その特長とは