1. TOP
  2. 仮想通貨(暗号通貨)
  3. 高い将来性が期待されているライトコインの主な特長について

高い将来性が期待されているライトコインの主な特長について

 2018/06/23 仮想通貨(暗号通貨)  

仮想通貨ライトコイン

仮想通貨ライトコインは、仮想通貨ビットコインと同じようなものと認識されている方も多いかもしれませんね。確かに似ている部分もありますが、将来性を考える上では両者の違いや特長を理解する必要があります。

 

ライトコインとは

ライトコインは、日本では少し知名度が低い仮想通貨になるかもしれませんね。実際に取引をしている日本人の数も、ビットコインなどと比べると割合は少ないでしょう。

 

しかしアメリカでは、非常に人気の高い仮想通貨として、多くの取引が行われている仮想通貨なんですよ。

 

ライトコインは、ネット検索大手でエンジニアとして働いていたCharlie Lee氏が開発した仮想通貨であり、2011年10月に配布開始になりました。現在のところ、仮想通貨市場の中では5番手から6番手あたりの取引量ですね。

 

ライトコインのシステムと特長とは

全く同じシステムであれば、ビットコインでマイニングをしている方が、そのままライトコインに参入し、大きな違いがなくなってしまいますよね。

 

そのためライトコインのブロックチェーンでは、Scryptoプロトコルを取り入れることによって、ビットコインのマイナーがそのまま参入できないようにしています。

 

つまりビットコインと似ているものの、ブロックチェーンシステムには違いがあり、マイナーのメンバーも異なるという事ですね。

 

 

 

 

 

ライトコインの特徴には、ビットコインよりも総発行枚数が多いという点があります。枚数が多くなると、価格が急騰して扱いづらくなるのを避けられるという利点があるんですよ。

 

加えてライトコインは、取引認証のスピードがビットコインと比べて4倍も早いので、高い実用性を実現しています。取引スピードが早いという事は、マイニングのコストが安くなること、取引の手数料を安くできるメリットもありますね。

 

さらにライトコインを他の仮想通貨と交換できるシステム、つまりライトニングネットワークに成功した仮想通貨としても有名になっていますよね。

 

ライトコインの将来性

ライトコインは、仮想通貨に存在している多くの問題を解決した仮想通貨として注目されています。さらに多くのビジネス分野で、支払い方法としてライトコインが選ばれるようになり、これまで以上に用途が広がっているんですね。

 

中にはビットコインでの支払いを中止して、ライトコインに移行している企業も出てきているので、将来性は明るいと言えるでしょうね。

 

ライトコインはビットコインと同じものと認識されがちですが、実際は異なっている部分もたくさんあります。この違いがライトコインの将来性ともつながっているので、ライトコインの特長について良く理解して購入してくださいね。

 

\ SNSでシェアしよう! /

飲食店大好きの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

飲食店大好きの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!