1. TOP
  2. 仮想通貨(暗号通貨)
  3. 初心者のための仮想通貨用の口座開設について・必要性や手順をご紹介

初心者のための仮想通貨用の口座開設について・必要性や手順をご紹介

仮想通貨の口座開設

仮想通貨の口座開設をする時、銀行に口座を作る時の事を想像されるかもしれませんね。

 

しかし銀行で口座開設をするのとは、ちょっと違っているので、どのように開設するのか見てみましょう。

 

仮想通貨取引所に口座を作る

初心者の方が仮想通貨の口座を作る際は、仮想通貨取引所に口座を作るという方法が一番簡単ですね。

 

仮想通貨取引所に口座を作るためには、幾つかの条件に適っている必要があるので注意してくださいね。

 

年齢が20才以上であることや日本国内に住所があり登録するメールアドレスや電話番号が他の人と重複しない事などがあります。この条件に適っていれば、仮想通貨取引所にアドレスなどの情報を登録して、仮登録を完了できます。

 

次にSMS認証があるので、SMSで送られてきた情報から認証を行ないます。最後は、本人確認書類をアップロードすると郵送で必要書類が送られてきて、取引所で取引ができるようになります。

 

文字にすると複雑なように感じるかもしれませんが、やってみると簡単ですよ。ここで注意しなければならないのは、仮想通貨取引所に口座を作るので、購入した自分の仮想通貨は取引所が保管することです。

 

つまり取引所がハッキングされたり、倒産した場合は自分の仮想通貨が無くなる可能性もあるという事ですね。

 

自分のPCに口座を作る

取引所に口座を作らなくても、自分のPCに仮想通貨の口座を作ることもできるんですよ。

 

自分のPCに口座を作るためには、仮想通貨のプログラムをPCにインストールしなければいけません。インストールが完了すれば、仮想通貨の送金や保管を自分のPC内で行うことができますよ。

 

インストールする仮想通貨のプログラムは、簡易版と完全版があって、完全版は対象仮想通貨の取引データを全てダウンロードする事になります。

 

 

 

 

完全版の場合、1TBとも言われるこれまでの取引データを全てダウンロードし、さらにデータ管理に協力する事となるため、性能の良いPCである必要がありますね。

 

この方法なら自分のPCで仮想通貨を保管できるようになりますよ。但しPCが壊れたり、ウイルスに感染すると全ての仮想通貨を失う危険性がある事も覚えておきましょう。

 

スマホに簡易版をインストールする

PCに仮想通貨ソフトをインストールするのと同じように、スマホに仮想通貨ソフトをインストールすることでスマホを口座にする事も可能です。

 

完全版のインストールは難しいので、簡易版ソフトになりますが、送金と受取や仮想通貨の保管ができますよ。

 

でもPCに仮想通貨を保管するのと同じように、スマホが壊れたり、紛失すると仮想通貨自体を失うことにもなるので、注意してください。

 

このように仮想通貨の取引口座を作る方法は幾つかありますが、初心者の方は簡単なので口座を作る方が良いと思いますよ。

 

仮想通貨の管理に参加したいなら、性能の良いPCに口座を作るのもありですね。

仮想通貨初心者の取引所開設や始め方、仕組み解説のまとめ記事一覧

\ SNSでシェアしよう! /

飲食店大好きの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

飲食店大好きの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 仮想通貨のICOとは?プレセール中の仮想通貨について

  • 仮想通貨の用語「ガラ」とはどういう意味?使い方もチェックしよう

  • 大切な仮想通貨を安全に管理するためのウォレットについて

  • 仮想通貨のための情報収集・重要な情報を逃さないポイント

  • 仮想通貨と現実の通貨にはどんな違いがあるの?その特長とは

  • 金融庁に認可されている仮想通貨取引所の特長について