仮想通貨への投資は「気絶」がおすすめ?長期保有のメリット

仮想通貨の気絶

仮想通貨についての情報を見ていると、
仮想通貨取引は「気絶」が良いというような言葉を目にします。

 

仮想通貨の世界では、
「気絶」とはどのような意味になるのでしょうか?

 

取引後は気絶とはどのような意味なのか

仮想通貨は、
購入したら気絶法が一番良いかもしれないという情報を見たことがあるでしょうか?

気絶と同じような意味の言葉としては、
「握力勝負」「ホールド最強」という言葉がありますが、
どの言葉も購入した仮想通貨をそのまま所有し続ける事を意味しています。

 

「握力」「ホールド」「気絶」という3つの単語の中で、
「気絶」が一番分かりやすい言葉かもしれません。

気絶をしていると
周りの情況がどう変化しても気が付かないものです^^

 

同じように仮想通貨取引で気絶法と使うとは、
相場チャートの上下を全く見ないで手持ちを放っておくという意味があるんですよ。

現在の仮想通貨市場では気絶法が良いと言われるのはなぜでしょうか?

 

仮想通貨取引における気絶法のメリット

仮想通貨の相場は、
毎日のように変化しており、
たった1日で数十%も値が動く事がありますよ。

そんな動きの激しい相場を1日中見ていると、
ストレスや心配で居ても立ってもいられないのではないでしょうか?

 

価格変動はあるものの、
相場を見ないだけでもストレスを大きく減らせるはずですね。

さらに現在の仮想通貨市場はバブル状態と言われており、
保有し続けるなら相場が上がっていく傾向にあります。

 

 

 

 

 

とは言え、
相場は大きな上がり下がりをしながら上昇しているため、
ずっと相場を見ているなら心配から売却してしまう可能性もあります。

ですから最初から相場を見ない「気絶法」を使うことで、
早めに損切りしてしまって大きな利益を得る機会を手放さないようにできるわけです。

仮想通貨の長期保有のメリット

どのような仮想通貨であっても、
数年前と比べると価格の上昇を確認できます。

仮想通貨の利便性や将来性については、
最近になってようやく認められるようになってきました。

 

ですから価格の上下はあるものの、
価格上昇の流れは引き続き続いているので、
長期保有をしているうちに利益が大きくなる可能性があるわけですね。

 

もちろん全く逆の流れになる可能性もある事は否定できませんが
それでも初心者の方でも取引に参入できる余地は残っているでしょう。

 

仮想通貨取引において、
「気絶法」は相場の上下に惑わされない優れた取引方法と言えます。

投資である以上、
必ず儲けられるというわけではないですが、
相場の上昇が続いている時こそ、
「気絶法」を使って投資を行ってみるのも良いかもしれませんね。

 

[surfing_ranking id=3637]

 

仮想通貨初心者の取引所開設や始め方、仕組み解説のまとめ記事一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。