1. TOP
  2. 仮想通貨(暗号通貨)
  3. ビットフライヤーの登録の仕方

ビットフライヤーの登録の仕方

ビットフライヤー

ビットフライヤーは日本の仮想通貨取引所の中で、大手企業からも出資を受けている安定している資金力豊潤な取引所ですね。多くの方がビットフライヤーを利用して仮想通貨取引をしていますが、登録の仕方についてご紹介します。

ビットフライヤーの登録-二段階認証まで

もっともシンプルな方法は、ビットフライヤー公式HPから登録する方法ですね。公式HPにメールアドレスを入力してアカウント作成する場所があるので、そこからメールアドレスを登録してください。

アカウント作成時に登録したメールアドレスに確認メールが届くので、キーワードと初回パスワードを使い、メールにあるURLからアカウント作成を続けます。キーワードは非常に長いので、1文字ずつ入力しないで、コピー&ペーストが良いですよ。

ここでアカウント情報を入力する画面になりますが、最初に二段階認証を登録するのを忘れないようにしましょう。自己資金を守るためには二段階認証が重要になるので、面倒でも認証アプリやメールやSMSでの認証を設定するようにしてくださいね。

二段階認証終了後から

二段階認証設定が終わると、同じ画面で住所や電話番号、名前などの本人情報を入力する必要があります。本人情報の登録が終わると、やはり同じ画面上で本人確認書類をビットフライヤーに送ります。

本人確認書類は、スマホで写真を撮って送ることができますが、身分証明書は表と裏の両方が必要なので、忘れないようにしてくださいね。また、本人確認書類には本人と身分証明書の両方を一緒に撮影した写真も含まれるので、この写真も添付してください。

 

 

 

続いて同じ画面上で、仮想通貨取引の目的の確認を登録しなければなりません。自分が公人かどうか、職業と取引の目的について入力すると、数日以内に転送不要のハガキが登録した自宅に送られてくるので確実に受け取ってくださいね。

転送不要ハガキ到着後

ハガキを受け取った時点で、アカウント情報画面の転送不要書留郵便のお受け取りという部分が未発送から受取済みに変化します。さらに携帯電話認証のために携帯電話番号を入力して、SMSによる認証ができるように設定します。

ここまでで登録に関する情報入力はほとんど終わり、残りは銀行口座に関する情報のみですね。自分が所有している銀行口座の情報を登録すると、取引開始までの作業は全て終了となり、仮想通貨購入資金を銀行振り込みで入金すれば、取引開始ですよ。

ビットフライヤーはセキュリティーを強化するため、二段階認証の設定を行えるので、設定を忘れないようにしてくださいね。登録自体は、初心者でもそれほど難しくはないので少しずつ進めていってください。

仮想通貨初心者の取引所開設や始め方、仕組み解説のまとめ記事一覧

\ SNSでシェアしよう! /

飲食店大好きの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

飲食店大好きの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 仮想通貨を運用するなら確定申告は絶対に必要になるのか?

  • これから仮想通貨を始めるなら投資額はどれくらい必要か

  • ニュース等でも見かける仮想通貨の「億り人」の意味について

  • 仮想通貨への投資をするために用意したい銀行口座とは

  • 初心者が仮想通貨への投資で儲けることは可能なのか

  • 新しい機能を持ったビットコインキャッシュの特長とは