1. TOP
  2. 仮想通貨(暗号通貨)
  3. 新しい機能を持ったビットコインキャッシュの特長とは

新しい機能を持ったビットコインキャッシュの特長とは

仮想通貨のビットコインキャッシュ

仮想通貨の中で
「ビットコインキャッシュ」に注目している方が増えてきています。

 
ビットコインキャッシュなど新しい仮想通貨は、
本当に魅力的に見えますよね。

 

ビットコインキャッシュとはどのような仮想通貨

ビットコインキャッシュビットコインは、
名前が似ています。

ビットコインキャッシュは、
2017年8月に「ビットコイン」から分かれて配布が始まった新しい仮想通貨なので、
名前が似ているのです。

 

仮想通貨初心者の方は、
なぜビットコインから分裂しなければいけないのか?
疑問に思われるかもしれません。

ビットコインは非常に注目を集めている仮想通貨であるものの、
送金認証のスピードが遅いと感じる方も少なくありません。

 

取引スピードを上げるためには、
取引データ許容上限を上げるために
ブロックサイズを大きくする方が良いとする考え方もありますが、
ビットコインでは実現できませんでした。

 

そのため取引スピードを早める方が良いとしたマイナーによって作られたのが、
新しい「ビットコインキャッシュ」という事ですね。

 

ビットコインキャッシュの特長

最大の特長は、
ビットコインの良いところを残しつつ、
改善点を修正した
という事ですね。

ビットコインのブロックサイズが1Mだったのに対し、
ビットコインキャッシュ8Mであるため、
単純に8倍の容量になりました。

 

容量が大きくなったという事は、
取引のスピードがビットコインと比べて非常に早くなり、
使いやすくなった
事を意味します。

 

 

 

 

 

さらにビットコインなどの仮想通貨は、
マイナーのPCの処理能力と電力と使用して取引の管理をしています。

ですからマイナーの数が減れば当然管理スピードも遅くなり、
手続きは遅く、
手数料が高くなります。

 

ビットコインキャッシュは、
マイナーへの負担をかなり軽減したため、
マイナーの数の増減によって処理スピードが遅くなるリスクを減らすことに成功しました。

これは仮想通貨の価格安定にもつながるものですね。

 

ビットコインキャッシュの将来性

ビットコインの欠点を改善した形でスタートしている仮想通貨であるため、
ビットコインよりも価値が上がる可能性もあると考える方もたくさんいます。

 

でも確実にそうなると断言することは、もちろんできません。

 

また中国人が始めた仮想通貨であり、
中国のマイナーに頼っている傾向が強いため、若干の不安要素もあります。

とはいえ、
マイナーの数の増減に関わらず
安定した取引できる新しいアルゴリズムは非常に画期的であり期待できるものですね。

 

「ビットコインキャッシュ」は、
ビットコインから分裂した仮想通貨であり、
弱点を上手くカバーしている新規仮想通貨です。

仮想通貨としての機能は、
ビットコインよりも優れているので、
今後大きく飛躍する可能性を秘めている仮想通貨と言えますね。

 

ユーザーおすすめ仮想通貨取引所人気ランキングTOP3!

  1. CROSS EXCHANGE

    ・リップルやエイダなどの人気アルトコインで自動マイニングできます。・取引手数料の80%をユーザーに還元・XEXの取引手数料無料

    公式サイトはこちら

  2. GMOコイン

    ・操作が簡単で使いやすい・豊富な取り扱い通貨・最短5分で口座開設 ・即時入金手数料、出金手数料、口座開設手数料すべて0円

    公式サイトはこちら

  3. Liquid by Quoine(リキッドバイコイン)
    ビットコイン

    ・徹底したセキュリティ対策・タイトな実効スプレッド

    公式サイトはこちら

 

仮想通貨初心者の取引所開設や始め方、仕組み解説のまとめ記事一覧

\ SNSでシェアしよう! /

飲食店大好きの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

飲食店大好きの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 仮想通貨には管理者がいないのになぜ安全に使用できるのか

  • 【保存版】仮想通貨初心者の取引所開設や始め方、仕組み解説のまとめ30記事一覧

  • 仮想通貨の取引所ごとに違う取扱通貨・どんな所に注目すべき?

  • 仮想通貨と現実の通貨にはどんな違いがあるの?その特長とは

  • 仮想通貨への投資は「気絶」がおすすめ?長期保有のメリット

  • 仮想通貨の世界でよくある「狼狽売り」とはどういう意味なのか