1. TOP
  2. 仮想通貨(暗号通貨)
  3. 仮想通貨への投資をするために用意したい銀行口座とは

仮想通貨への投資をするために用意したい銀行口座とは

仮想通貨の銀行口座

仮想通貨取引を始める時は、どこの銀行口座を持っているのかも重要なんですよ。では、どこの銀行口座が仮想通貨取引に便利なのでしょうか?

 

銀行振込の手数料に注目

仮想通貨を取引所で購入するためには、取引所に資金を入金しなければいけませんよね。別にどこの銀行からでも振込できるから、どこの銀行口座なのかなんて気にしなくても良いのではないかと感じるかもしれません。

 

でも取引所へ銀行振り込みをする時は、振込手数料がかかり、どこから振り込むのかによって手数料は大きく変わってくるんですよ。

 

仮想通貨取引を投資目的で行っている場合は、月に何度も銀行振り込みを行うかもしれず、毎回手数料をたくさん払っていると、1ヶ月で数千円になる事もあります。数千円になると、決して少額ではないですよね。

 

どこの銀行口座が良いのか

どこの銀行口座が良いのかというと、取引所が利用している銀行口座を利用するのがベストです。つまり利用している取引所によって、ベストな銀行が変わってくるわけです。

 

振込手数料は、他行への振込の方が高くなり、同一銀行宛てであれば安くなるものですよね。ですから取引所の利用している銀行がどこなのかを先に調べて、可能であればその銀行口座を開設してから仮想通貨取引を始めるのも良い方法でしょう。

 

また取引所が対応しているのであれば、ネット銀行系を選択するのも良い方法ですよ。ネット銀行の振込手数料は、他行宛てであっても安く設定されている事がほとんどです。

 

 

 

 

通常の銀行の場合は、振込金額が高額になると手数料が高くなりますが、ネット銀行は金額に関わらず一定の手数料である場合も多いですね。

 

さらにネット銀行では、貯蓄額によっては10回まで振込手数料が無料になっているところもあり、ネット銀行を利用するのも良い方法ですね。

 

銀行振込から反映までの時間

銀行振り込み手数料に加えて、振込が完了するまでの時間もチェックすることが大切です。銀行によっては、振込処理から数分で振込が反映されることもありますし、さらに時間がかかるケースもあるようですね。

これは利用者の意見を参考にするしかないので、振込スピードの評判を調べてみるのも良いでしょう。投資をしたい時に、振込に時間がかかってしまうと、絶好のタイミングを逸してしまうかもしれません。

取引所への銀行振り込みは、手数料に注意する必要がありそうですね。1回1回の振込手数料は少額かもしれませんが、長期的な投資を行っていくなら、やはり手数料についても考えた方が良いでしょう。

仮想通貨初心者の取引所開設や始め方、仕組み解説のまとめ記事一覧

\ SNSでシェアしよう! /

飲食店大好きの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

飲食店大好きの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 初心者が仮想通貨への投資で儲けることは可能なのか

  • 仮想通貨と現実の通貨にはどんな違いがあるの?その特長とは

  • 仮想通貨の用語「ガラ」とはどういう意味?使い方もチェックしよう

  • 仮想通貨のイーサリアムにはどんな特長が?まだまだ発展の可能性も

  • 仮想通貨の取引所ごとに違う取扱通貨・どんな所に注目すべき?

  • ザイフの登録の仕方