1. TOP
  2. 車を売る
  3. 失敗しないために知っておきたい車を売るときの注意点一覧

失敗しないために知っておきたい車を売るときの注意点一覧

洗車や清掃をするのは基本

車を売るときの注意点というよりもマナーとして理解しておきたいのが洗車や清掃の実施です。

査定を受けるときに洗車や清掃を一切行っていなくても価格に影響することはあまりありません。いずれにしても業者側で完璧な状態にまできれいにしてから車そのものあるいは部品を売って換金するからです。

しかし、査定をしているのは人間なので見た目の印象が悪いと査定額が低めになってしまう可能性があります。また、その印象の悪さからその後の取引での対応が悪くなってしまうリスクもあるので気をつけなければなりません。

 

見積もりを取るときには相見積もりが必須

車を売るときには査定を受けて見積もりをしてもらうのが基本ですが、一社に限らず複数社で行うのが重要です。

買取業者によって車の再販ルートが違うため、業者によって買取価格には違いが生じます。相見積もりをするとより高額で売れる可能性があるので、少し労力をかけてでも比較検討するのが肝心です。見積もりを取るまでなら費用がかからず、キャンセル料などの違約金も発生しません。

一括査定を利用すると比較的簡単に相見積もりを行えます。

 

 

自分から希望価格を言うのは厳禁

車を売るときには厳禁でいくら欲しいかが具体的に決まっていて、それ以上ではないと苦しいということもあります。

そのときについ買取業者にいくら以上で売りたいと希望価格を言ってしまうことがありますが、基本的には希望は一切言わないのが無難です。業者側としてはできるだけ安い価格で買い取りたいけれど、あまり価格が低いと売ってくれないと考えて悩んでいます。

希望価格を最初に言ってしまうと、落とし所がそこだと理解されてしまい、希望価格より高く売れることはほぼなくなってしまうのです。

少しでも高く売りたいなら希望は曖昧にしておいてできるだけ高値を提示させるのが重要となります。

 

ディーラーの下取りは優先順位が低い

車を売るときには買取業者に依頼する他に、ディーラーの下取りを利用することも可能です。

買い替えのときには下取りを依頼してしまうことが多く、手続きの簡便さから考えると理想的な方法です。

しかし、車を高く売りたいのであればディーラーの下取りは優先順位が低くなります。多様な再販ルートを持っている買取業者の方が一般的には高く買い取ってくれるからです。

ディーラーでは整備をしてレンタカーにしたり、中古車販売店に転売したりして利益にしているのが典型的であり、あまり高く買い取れない場合が多くなっています。

 

個人売買やオークションのリスク

車を売る方法としてしばしば個人売買やオークションを選ぶ人もいますが、リスクが大きいことには留意しておかなければなりません。

個人売買やオークションの場合には自分の個人情報を売却先の個人に対して提供しなければならず、悪用されてしまうリスクもあります。

また、個人の間で取引をするときに、相手方の都合によって突然契約を破棄されて困るというトラブルも少なくありません。

もともと車の売買についてはクーリングオフが適用されない性質がありますが、売りたくなくなったという場合に買取業者を使っていると善意でキャンセルができることもあります。違約金すらかからない業者もあるのでいざというときにも安心です。

 

 

リサイクル料金についての留意事項

車を売るときに留意しておきたいのがリサイクル料金についての取り扱いです。比較的新しい車を持っている人は購入時にリサイクル料金を払っていてリサイクル券を持っています。

これは車を廃車するときに必要ですが、売るときには次の人に引き渡すという形で手続きが進められるのが特徴です。そのため、車を売るときには買取業者にリサイクル料金を返還してもらえるのが基本なので確認しましょう。

 

 

自動車税の残月分についても注意

車を利用していると自動車税や自動車重量税、自賠責保険料を払わなければならないのが原則です。

一年分や二年分をまとめて支払うのが原則となっているので、車を売ったときには残月分は自分が払う必要はないのではないかと考えるでしょう。

残月分の税金や保険料については還付金を受けられることが多いので、買取業者に確認してみるのが大切です。通常は月割で計算して自分が払うべき期間についてだけ負担し、残額については買取業者から払ってもらうことができます。

 

 

売るときに重要な必要書類とは

車を売るときには必要書類が整っていないと契約できません。

必要になるのは車検証、印鑑証明、自賠責保険証明書、自動車納税証明書です。リサイクル券についても支払い済みの場合には持参する必要があります。この他に印鑑と現金の振込先の情報も求められるので忘れてはなりません。

また、ローンが残っているときには残債を返済してからでなければ売れないのが原則です。

しかし、車の売却によって得られる現金を使ってローンの返済をするという形で取り扱ってくれる業者も多くなっています。このような場合にはローンに関わる書類は一通り持参して手続きを行うのが重要です。

一方、車の名義人でない場合には名義変更を行ってから売るのが原則になります。名義変更手続きも買取業者が代行してくれることがあるので相談してみると良いでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

飲食店大好きの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

飲食店大好きの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 軽自動車の車検をするときに知っておきたい安く済ませる方法

  • 車を高く売りたいならそれぞれの売却方法の特徴を把握しよう!

  • ディーラーの自動車ローンと銀行のマイカーローンの違いを徹底解説!

  • 車検の時期が来たときは車検を通すべきか買い替えるべきか

  • クルモを使うとできるフリーマーケットでの中古車売買