1. TOP
  2. カーリース・カーシェアリング
  3. Anyca(エニカ)で始める個人間カーシェアリングのメリット・デメリット

Anyca(エニカ)で始める個人間カーシェアリングのメリット・デメリット

Anyca(エニカ)とは一体何か

Anyca(エニカ)とはカーシェアリングシステムの一つであり、アプリを使うことによって個人間でのカーシェアリングを斡旋する仕組みになっています。

車を貸したいオーナーと車を借りたい人をマッチングさせるシステムであり、個人間取引が活発に行われる世の中になった影響で生まれてきた事業の一つです。

Anyca(エニカ)では会員登録性で運営されていて、オーナーも車を借りる人も無料で会員登録して利用することになります。

利用者は会員登録してアプリを使用すると車を検索してカーシェアリングの申し込みができるようになるというのが基本です。

オーナー側は車を登録してカーシェアリングをする条件を設定すると利用者を募ることができ、申し込みがあったときにそれを承諾するとその日時に利用者に貸すことができます。

オーナーはそれに応じて対価を受け取ることができるという仕組みになっているのです。

オーナーが車を使いたい人に対してリクエストに応じてシェアさせてあげるという形になっているカーシェアリングのシステムとして成立しています。

Anyca(エニカ)のオーナーになるメリットを知ろう

Anyca(エニカ)のオーナーになるメリットは使用していないとき無駄になってしまっている車を有効活用してお金を稼げることです。

車は所有しているだけでも自動車税や自動車重量税がかかるものであり、税金の支払いをしてもメリットがある程度に使っていなければ損をしてしまいます。

普段はあまり車に乗らないという人はAnyca(エニカ)のオーナーになってカーシェアリングをすると、車を使用していないときに貸すことで料金を支払ってもらえるのが魅力です。

共同使用という形にはなりますが、基本的に主導権はオーナー側にあります。リクエストがあっても断ることは自由だからです。

また、Anyca(エニカ)のカーシェアリングシステムはオーナーを守るように作られている面があります。

オーナーがカーシェアリングをする上での条件を決めることができ、上限が定められてはいるものの、時間あたりの料金を自由に定めることが可能です。

シェアをしているとガソリンはどうするのかという問題も生じますが、ガソリンは原則として満タン返しになっています。

しかし、必ずしもその原則に従う必要はなく、料金に大まかにガソリン代を上乗せしておいて満タンで返さなくて良いとすることも可能です。

トラブルが起こりにくい形を自由に選んで決められる点でオーナーが安心しやすい仕組みになっています。

また、安心という点では利用者が事故を起こしてしまったときの対策として保険に入っているのも特徴です。

東京海上日動と連携していて利用者は強制的に一日保険に入らなければならなくなっています。事故や故障などが起こったときには全て東京海上日動が対応してくれるので、シェアをしている間にオーナーは特に何もする必要はありません。

一方、Anyca(エニカ)では横浜ベイスターズやモバゲーなどでもおなじみDeNAとも提携してオーナーも利用者も支援しています。

DeNAはユーザー間のトラブルに対するサポートデスクとしての機能を果たし、いつでも電話による対応をしてもらうことが可能です。

また、事故によって車が壊れてしまったときには修理工場と連携していて修理サポートを行ってくれます。

トラブルが発生してもこの大きな二つの会社がバックアップしてくれるので不安に思う必要はありません。オーナーにとって手厚いサービスを提供しているのがAnyca(エニカ)のメリットです。

 

Anyca(エニカ)のデメリットも理解が大切

Anyca(エニカ)を利用する上ではメリットだけがあるわけではありません。デメリットとして共同使用しているときに事故があればしばらく車が使えなくなるリスクがあります。

使っている間に汚されてしまったり、ガソリンを入れるはずが満タンにせずに返されてしまったりしてトラブルが発生すると、いくらサポートがあっても対応に手間がかかることは否めません。

また、リクエストがあって承認してしまうと、その時間は貸していなければならず、急に用事ができても車を使うことはできないのもデメリットです。

場合によっては故意ではなくとも返却が遅れてしまう場合もあります。予定していた通りに車が使えなくなるリスクがあるのはAnyca(エニカ)のカーシェアリングのオーナーになる上で忘れてはならないことです。

どんな人にAnyca(エニカ)はおすすめか

Anyca(エニカ)は車を持っているけれど普段はあまり乗らなくて無駄になってしまっている人が、その車を貸して少しでもお金を稼ぎたいと考えているときに有用です。

また、複数台の車を持っていていつでも貸せるというときにもおすすめな車の活用方法となります。

ただし、もともと神経質で他人には自分の車を触らせたくないという人には向きません。

せっかく持っている車だから乗っていない時間がもったいないと考えて、前向きに有効活用しようと考える発想を持っている人はAnyca(エニカ)のオーナーになると良いでしょう。

 

 

 

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

飲食店大好きの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

飲食店大好きの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!