1. TOP
  2. 車関連
  3. 合宿免許は早くて安いのだけがオススメの理由ではない

合宿免許は早くて安いのだけがオススメの理由ではない

合宿免許で一般的に言われるオススメ理由

運転免許を取得するには教習所に通うのが一般的な方法でしたが、合宿免許もよく利用されるようになってきました、合宿免許は教習所にかよって免許を取得するよりもオススメとされることがよくあります。

その理由として掲げられるのが費用が安くなりやすく、期間も短くて済むことが多いことです。

費用については同じ教習所が通いと合宿の両方を提供している場合で比較してみると五万円から十万円程度の価格差が生じています。

教習所によって通いのみ、合宿のみという場合もよくあり、教習所間での価格差も大きいのは確かですが、概して合宿免許を選んだ方が費用はかかりません。

これは教習所側としてはコンパクトにスケジュールをまとめやすく、コストを最小限に抑えて教習を行いやすいからです。

教習所に通ってもらう場合には教習生の都合に応じてたった一人しか受講者がいなくても学科を行わなければならない場合もあり、実は一人も来ないときでも技能教習のために十分数の教官を確保しておかなければなりません。

そのために余計な人件費がかかってしまい、スペースや教習車の無駄も生じてしまいます。それに対して合宿免許の場合には参加者数が決まったらそれに応じた教官の数と教習車を確保すれば問題ありません。

スケジュールを密にして学科も教習も法律に従って効率よく行えるように設計できるため、人材も車も有効活用することができます。

そのため、合宿免許の方が費用を削減しやすくなっているので料金設定も低くなっているのです。合宿免許の場合には人数を満員にした方が無駄が減ることから徹底的に販促を行うことが重要になります。

料金をできるだけ下げる努力をしていることも多く、十万円程度の差が生じてしまうこともあるのです。

これに付随して生じるのが期間のメリットであり、スケジュールを法律で定められている範囲内で最も過密な状態にすることができるため、短期間での免許の取得ができます。

理論的には普通車のAT車なら14日間、MT車なら16日間あれば免許を取得できるようになっているので、合宿はこの形でスケジュールかそれに準じた形が組まれているのが通例です。

 

実際には学科試験や修了検定、卒業検定などで落ちてしまう人もいるのでもう少し期間が必要になる場合もありますが、概して二週間から三週間程度で免許を取得できるようになっています。

通いで取得するときには一ヶ月以上はかかる場合が多いことを考慮すると短期間で免許を取得するのに適している方法なのです。

自分に合ったプランの合宿免許を選ぶとさらにお得

合宿免許がオススメなのは費用や期間だけが理由ではありません。

合宿免許の取得を通して様々な体験ができることに加えて、合宿中の生活に関する希望に応じて合宿免許の種類も選べるようになっているからです。

多くの合宿免許では観光スポットの近くに合宿場所があり、休日には自由に観光を楽しめるようになっています。

パッケージプランとして体験アクティビティを割安で利用できるプランを提供している教習所もあり、それとは別にスケジュールを考えて自分で申し込んでおくことも可能です。

典型的な教習を行う地域として挙げられるのが地価の安い山の地方であり、休みの日にはハイキングを楽しむことができます。また、山奥には温泉があることも多く、教習所が提携している宿泊施設に温泉を引いてきていることもあるのが魅力です。

一方、海に近い立地を選んで余暇を楽しむ魅力を高めている合宿免許もあり、夏には海水浴やシュノーケリングなどを楽しむことができます。

旅行気分で合宿免許を利用できるのは人気が高まっている理由の一つであり、各教習所が競い合うようにしてオリジナルのプランを策定するようになっているのが現状です。

一方、宿泊施設・部屋についてのバリエーションも大きくなっています。

格安の合宿免許の場合には相部屋で安い宿に全員を押し込めるような形になっていることもありますが、個室を用意してくれていてプライベートを重視する生活をしやすいプランも増えてきました。

また、食事についても時間も内容も指定されているのが典型的だったものの、自分で自由に選択することができて自炊すらできるようになっているものも選べます。

男性と一緒の部屋になったり、食事を共にしたりするのは嫌だという女性のために女性専用プランも用意されていて、本人だけでなく両親も安心することができるプランとして魅力的です。

この他にもグループプランやカップルプランなども用意されていて、友達同士やカップルで教習に参加しやすくなっています。

合宿免許では教習や寝食を共にするケースが多く、自然に友達ができることも珍しくありません。

出会いの場として期待して集まる人も多く、それに合わせて教習所側が部屋割りなどを配慮してくれることもあります。

このような多様な種類の合宿免許が用意されているため、よく比較検討をして自分なりに納得できるものを選んで利用しやすくなっているのが魅力です。

 

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

飲食店大好きの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

飲食店大好きの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 自動車の任意保険の種類

  • 損保ジャパンのジャパンダ・ネットマイカーローンの評判と口コミは?

  • 自動車保険の自賠責保険(強制保険)と任意保険の違いは何?

  • 自動車保険を申し込む際に必ず覚えておきたい用語

  • 自動車保険の特別約款の意味と違いは何?パート②

  • ディーラーが提供する自動車保険のメリットとデメリットの比較