1. TOP
  2. お金・節約・資産運用
  3. ディーラーが提供する自動車保険のメリットとデメリットの比較

ディーラーが提供する自動車保険のメリットとデメリットの比較

ディーラー自動車保険とは一体何か

ディーラー自動車保険とは代理店型自動車保険の一つです。代理店型自動車保険とは保険の契約や取次について代理店を挟んで保険会社とのやり取りができるタイプの自動車保険であり、保険専門の代理店や自動車修理工場、ガソリンスタンドやカー用品店などが代理店として活躍しています。

カーディーラーも代理店となっていることが多く、ディーラーで自動車を購入したときにはディーラーが代理店契約をしている保険会社の自動車保険を勧められるのが一般的です。しかし、自動車を購入したディーラーに代理店になってもらって保険契約をする必要はありません。

自動車保険は任意保険なので強制されるものではなく、保険内容や契約先の保険会社についても自由に選ぶことができます。そのため、ディーラーが提供している自動車保険は選択肢の一つとして考え、メリットとデメリットを考慮した上で選択することが肝心です。

 

ディーラー自動車保険にはメリットが豊富

ディーラー自動車保険のメリットは購入した自動車のトラブルに関して全てディーラーに任せられることです。保険が必要になるのは自分が事故を起こしてしまったときや、もらい事故をしてしまったときが主なものであり、その際にディーラーに相談すれば全ての手続きを円滑に進めてもらえます。

修理が必要なときには修理費用の見積もりをした上で保険会社との交渉を行い、適切な形で保険料を手に入れてもらうことができるのが魅力です。自分で他の保険会社を選んで契約をしたときにはディーラーと保険会社に個々に連絡を取らなければなりません。

ディーラーに修理の見積もりを依頼して、その結果を保険会社に持っていき、不備や疑義があったときにはまた自分でディーラーと掛け合わなければならない場合もあります。親切な保険会社の場合にはディーラーとのやり取りを一通り代行してくれますが、その分だけ保険料が高めになっているのが一般的です。

また、ディーラー車検を依頼しているときには車検費用も考慮した戦略を練ってくれる場合もあります。事故などで保険を適用できるようになった場合にこのタイミングでタイヤ交換や消耗品の交換を行っておいた方が良いと考えて、状況証拠を集めて保険対象として扱ってくれることもあるのです。包括的に車のメンテナンスをしてもらえるのはディーラーに任せるメリットです。

これに加えて魅力的なのが付帯サービスであり、ディーラー自動車保険に入っているのを条件として特典が得られる場合があります。軽微な故障や破損に対して無料での修理をおこなってくれたり、レッカー移動の移動距離制限を緩和してくれたりするものが代表例として挙げられるものです。

ディーラーによって付帯サービスには違いがあるので確認を取る必要がありますが、たとえ特典がなかったとしても全体的なサービスが向上する可能性があります。自動車保険を利用してくれた方がディーラーとしては利益が上がるので、親身な対応を期待できるのがメリットです。どれだけ良い対応をしてくれるかは担当者次第ですが、良い担当者に恵まれているときには困ったときに懇切丁寧な対応をしてもらえるでしょう。

 

ディーラー自動車保険はデメリットも多い

ディーラー自動車保険に関してはデメリットを指摘する傾向が強いのが実情です。自動車保険の保険料を最小限にしたいと考える人は多いですが、一般的にはディーラー自動車保険は保険料が高額になっています。これは代理店型自動車保険の宿命であり、通販型(ダイレクト型)自動車保険に比べると高くならざるを得ません。保険料には店舗運営のための人件費や光熱費、宣伝広告を行うためのコスト、充実したお客様サポートを行うためのサービスコストなどが加味されています。

通販型(ダイレクト型)自動車保険の場合には代理店型自動車保険に比べるとコストがかかりません。オンラインで保険に申し込みたい人が自由に申し込めるようになっているからです。そのため、同じ保険内容であったとしてもディーラー自動車保険を申し込むと通販型(ダイレクト型)自動車保険に比べると高くなってしまいます。一方、ニーズに合った自動車保険を手に入れにくいのもディーラー自動車保険のデメリットです。

多くの人が必要としている保険内容のパッケージしか紹介していないのが一般的であり、個々の事情に合わせて補償される上限額やカバー範囲を決められないケースが大半を占めています。ディーラーは保険についてプロではないので、状況に応じて詳しい説明をすることもできません。その点で不要なほどに充実した内容の自動車保険に入ってしまうこともあるのがデメリットになります。

この他にも問題になる場合がある点としてえ挙げられるのが担当者の変更です。ディーラーでは配置変更をよく行っているので、担当者が変わってしまうことが少なくありません。たとえたった今は付き合いやすい担当者に恵まれていたとしても、数年後には担当者が別の人になって付き合いづらくなることもあるのです。

特に深刻なのが保険を適用してもらう事故などが発生していて、その手続きを行っている真っ最中に担当者が変更になったときであり、一から説明し直しになるリスクすらあります。優秀な人に恵まれて引き継ぎを徹底して行ってくれれば手間はあまりかかりませんが、専門家ばかりではないディーラーの自動車保険を利用する上で恐ろしいデメリットの一つとして理解しておくのが大切です。

\ SNSでシェアしよう! /

飲食店大好きの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

飲食店大好きの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • カードローンを素早く借りるための手続き方法の流れ

  • 主婦のためのカードローンの利用方法・専業でも可能なの?

  • 飲食店求人で困っている経営者・店長・正社員が解決できるたった一つの方法!

  • カードローンは電話での申込みも可能なの?ネットが苦手な方に

  • 新車購入を検討しているときに考えたいカレコのカーシェアリング

  • 個人事業主はカードローンの審査が難しい?借りるポイント